イベント / 映画 / 演劇・ダンス / 音楽 / ビジュアルアート / 文学 / その他

条約の効力

イベント, その他


私たちは同盟国を信頼していました。戦争時代に突入したとき、ポーランドは、1920年代初めからヨーロッパの協力国たちと結んできた諸条約の効力を信じ込んでいました。そうした合意書のうちでいちばん早いのは、1921年2月19日付ポーランド・フランス条約でした。両国外務大臣アリスティード・ブリアンとエウスタヒ・サピェハがパリで調印した条約は、新生ポーランド国家にとっては、ドイツからの脅威があった場合に、その地位を安定させるための要素でした。付属の秘密軍事議定書は、ドイツ侵攻に際して、両国は互いに「効果的で迅速な援助」を行うことを想定していました。2週間後にブカレストで調印され、1926年に延長された相互防衛援助に関するポーランド・ルーマニア協定は、外部からのあらゆる攻撃に対してポーランドとルーマニアに相互防衛義務を課すものでした。

ソ連をポーランドの同盟国と認めるのは困難ですが、同国は、1932年7月25日に締結された不可侵条約の調印国でした。そこには、両国は「相互関係における国家政策としての戦争を放棄し、あらゆる暴力行為乃至はどちらかの国のもう一方に対する侵攻を控える義務を相互に課した」と記されています。1934年5月、不可侵条約は1945年12月31日まで延長されました。すなわち、ソ連軍がポーランド東方地域を侵略した1939年9月17日において、無条件に有効でした! 大戦勃発直前にポーランドの安全保障にとって、鍵となる役割を担っていたのは、ポーランド・ドイツ関係が崩壊の危機に瀕していた時代に、急遽取り決められた、ポーランド・イギリス相互援助条約でした。合意書は、ドイツが条約調印国のいずれかに侵略した場合に、ただちに相手国への軍事的援助を与えることを想定していました。

 

エドヴァルト・ラチンスキ大使と英国外務大臣ハリファックス伯爵が証印・署名した、1939年8月25日付ポーランド・イギリス相互援助条約への秘密議定書テキスト。

ニュースレター

ポーランド広報文化センターからのお知らせや、各種イベントの情報を電子メールにて配信いたします。
おおよそ1ヶ月に1回の発行を予定しております。ご登録はこちらから(無料)。