イベント / 映画 / 演劇・ダンス / 音楽 / ビジュアルアート / 文学 / その他

サイマル演劇団+コニエレニ 『狂人と尼僧』

100周年のイベントとプロジェクト, 演劇・ダンス, 演劇・ダンス


「あんたの名前は? 女を見るのは二年ぶりだ」

2019年

8月22日(木)★ 19時半

8月23日(金) ★14時半/★19時半

8月24日(土) 14時半/19時半

8月25日(日) 14時半

開場は開演の30分前。

★の回はアフタートークあり

★22日(木)19時半 ニコデム・カロラク

      (「内陸次元」フェスティバルディレクター)

★23日(金)14時半 笠浦静花(やみ・あがりシアター主宰)

★23日(金)19時半 関口時正(翻訳家)

 

会場/シアター・バビロンの流れのほとりにて

〒114-0003 東京都北区豊島7丁目26−19

03-3927-5482

https://goo.gl/maps/3dADtfAKMs2Gt3756

 

東京メトロ南北線「王子神谷駅」徒歩12分

 

 TEL 03-3927-5482

あらすじ

精神病院《死兎館》の小さな隔離病室。かつて人気詩人だったヴァルプルクは、2年以上ここに収容されている。彼にとって病室は地獄そのもの。この苦しみから早く逃れたい。さもなくば死を! そこへ、病人に安らぎを与えるべく、修道院《自発的女性殉教者修道会》の若きシスター・アンナが訪れる。そして事件が……。

20世紀の思想に大きな影響を与えた、フロイトの精神医学を巡る医師たちの、野心蠢く隔離病室から、果たしてヴァルプルクとアンナは脱出できるのか!?

1924年に初演された問題作。時代と国境を越えて今甦る、ポーランドの鬼才・ヴィトカツィの奇想天外ファンタスティック密室劇!

料金/一般3500円 学生2000円

チケット取扱

こりっち https://stage.corich.jp/stage/100059

サブテレニアン https://www.subterranean.jp/

080-4205-1050(赤井)

 

問い合わせ/サブテレニアン info@subterranean.jp

080-4205-1050(赤井さま)

 

https://www.subterranean.jp/si://

 

出演/

   山本啓介

   赤松由美(コニエレニ)

   葉月結子

            気田睦

   山河ワタル

   阿目虎南

   本間隆斗((株)A-LIGHT)

   田村義明(荒馬の旅)

 

 

作/S・I・ヴィトキェーヴィチ

翻訳/関口時正(未知谷刊)

構成・演出・美術/赤井康弘

照明/針谷あゆみ

音響/山田尚古(未定ノ類)

小道具/串田杢弥(大正直劇団)

舞台監督/長堀博士(楽園王)

宣伝美術/間村俊一

コラージュ/合田ノブヨ

データ制作/海野温子

制作/サイマル制作団

協力/垣本朋絵、東京バビロン

主催・企画製作/サブテレニアン、サイマル演劇団、コニエレニ

後援/ポーランド広報文化センター

ニュースレター

ポーランド広報文化センターからのお知らせや、各種イベントの情報を電子メールにて配信いたします。
おおよそ1ヶ月に1回の発行を予定しております。ご登録はこちらから(無料)。