イベント / 映画 / 演劇・ダンス / 音楽 / ビジュアルアート / 文学 / その他

第10回ショパン・フェスティバル2019 in 表参道

100周年のイベントとプロジェクト, その他, 音楽, 音楽


2019年5月27日(月)~6月1日(土)
カワイ表参道コンサートサロン「パウゼ」(渋谷区神宮前5-1 2F)

今回で10回目を迎えるフェスティバル。
今年はポーランドよりピアニストのカミル・パホレツさんと、国立ショパン研究所(ショパン・インスティチュート)所長のアルトゥル・シュクレネルさんをお迎えしてレクチャーが開かれます。 

6月1日(土)
12:00 ランチタイムコンサート
 演奏:カミル・パホレツ(Kamil Pacholec)
 プログラム:武満徹 「ロマンス」
       ショパン 「ワルツ イ短調 op. 34-2 華麗なる円舞曲」
       「3つのマズルカ op. 59」
       「舟歌 嬰へ長調 op. 60」
       「アンダンテ・スピアナートと華麗な大ポロネーズ op. 22」
 入場料 800円

17:00 レクチャー
 講師:アルトゥル・シュクレネル(Artur Szklener)
 「ショパン - その人となり、ポーランド的?世界的?」
 ショパンの音楽は、たびたび万国共通の芸術であるといわれていると同時に、純粋にポーランド的でポーランドの心でもあります。今回のレクチャーでは、この矛盾についてその核心に迫ります。
 日本語通訳つき
 入場料 3,000円

チケットご予約(2019年3月1日より)
・日本ショパン協会 03-6718-4239
・カワイ音楽振興会 03-6718-4199

その他の日程でのコンサートにもぜひご注目下さい!
web用_見開き-1hpweb用_見開き-2hp

 

ニュースレター

ポーランド広報文化センターからのお知らせや、各種イベントの情報を電子メールにて配信いたします。
おおよそ1ヶ月に1回の発行を予定しております。ご登録はこちらから(無料)。