イベント / 映画 / 演劇・ダンス / 音楽 / ビジュアルアート / 文学 / その他

スモレンスク航空事故犠牲者10周忌

イベント, その他


2010年4月10日、レフ・カチンスキ ポーランド共和国大統領とマリア・カチンスカ ポーランド共和国大統領夫人を乗せた特別輸送機TU-154Mは、ワルシャワを離陸してスモレンスクに向かいました。その日、国家代表団は、カティンのポーランド軍人墓地において、70年前に同地で行われた犯罪の犠牲者を追悼する式典に出席することになっていました。機内には96名の乗客、国家最高権力代表、社会・教会代表、軍指導者、飛行機の乗務員が乗っていました。その全員が、スモレンスク近郊の空港への着陸時に起きた航空事故で、生命を落としました。

2010年4月10日にカティンでの式典に向かっていた代表団は、ポーランドの指導者層、さまざまな政治的・社会的・宗教的立場を代表していました。上下院副議長、国会議員グループ、ポーランド共和国各軍隊の指揮官、大統領府職員、国家機関代表、聖職者、省庁・退役軍人会・社会組織代表者、並びに同伴者から構成されていました。今日のポーランドを第二共和政時代の指導者層・伝統に結び付ける存在であったのが、搭乗していたポーランド共和国亡命政府最後の大統領リシャルト・カチョロフスキです。

スモレンスク行きの飛行機に乗っていた人々は、1940年春に、ソ連最高権力の命令により内務人民委員部(NKVD)が、カティンの森、ミェドノイェ、ハリコフ(現ハルキウ〔ウクライナ〕)、ブィコヴニャ(現ビキヴニャ〔ウクライナ〕)、クロパティ(現クラパティ〔ベラルーシ〕)で行った、大量虐殺の犠牲者たちに弔意を捧げるために、カティンでの式典に向かうところでした。カティンの虐殺事件では、ポーランド人戦争捕虜が生命を失いました――将校、学者、さまざまな宗教の聖職者、官吏、警官、自由業者、起業家など、第二共和政時代の当時の指導者層です。

カティンにおける犯罪とスモレンスクにおける航空事故は、ポーランド史の悲劇的なページを象徴する二つの出来事です。

TU-154M飛行機墜落事故によって、カティン犯罪犠牲者70周忌式典のためにレフ・カチンスキ大統領が準備した演説は、読み上げられることがありませんでした。

「私たちの力で、カティンの傷跡を癒着させ、平復させましょう」――当時大統領は、こう書いていました。

2010年4月10日に発せられることのなかったこのメッセージは、10年後の今日でも、同じように力強く響きます。

事件は数百万人のポーランド人、さらには国際世論を震撼させました。あのとき飛行機に乗っていた人々は、私たちの記憶のなかに、永遠に生き続けることでしょう。

 

ポーランド共和国外務省

広報担当局

ニュースレター

ポーランド広報文化センターからのお知らせや、各種イベントの情報を電子メールにて配信いたします。
おおよそ1ヶ月に1回の発行を予定しております。ご登録はこちらから(無料)。