イベント / 映画 / 演劇・ダンス / 音楽 / ビジュアルアート / 文学 / その他

【久留米】ショパン 200年の肖像

100周年のイベントとプロジェクト, 文学, ビジュアルアート, 音楽, 文学, ビジュアルアート, 音楽


これまでのショパン
これからのショパン

2020年2月1日(土)~3月22日(日)

久留米市美術館 本館2階(福岡県久留米市野中町1015)

月曜休館、ただし2月24日は開館。
開館時間 10:00-17:00(入館は16:30まで)
入場料 一般 1,000円、シニア700円、大学生500円、高校生以下無料

主催:久留米市美術館、読売新聞社、RKB毎日放送
共催:国立フリデリク・ショパン研究所
特別助成:公益財団法人石橋財団

<レクチャーコンサート>
室内楽と宮廷舞踏による「ショパンの<ポロネーズ>」
2月16日(日)13:00-15:00(開場12:30)
ダンスとお話:浜中康子氏 チェロ、ピアノ ほか
会場:石橋文化ホール 全席指定

「ショパン~誕生から二十歳の旅立ちまで」
3月1日(日)14:00-16:00(開場13:00)
お話:関口時正氏(翻訳家、東京外国語大学名誉教授)
ピアノ:小早川朗子氏(ピアニスト、桜美林大学准教授)
会場:石橋文化ホール 全席自由

一般2,000円、大学生以下1,000円
販売:石橋文化センター、石橋文化センター情報サテライト、木の下楽器店、ローソンチケット、チケットぴあ

<記念講演会>
ショパンの人と音楽 小説『葬送』を巡って
3月7日(土)14:00-15:30(開場13:00)
講師:平野啓一郎氏
会場:共同ホール 入場無料・要申込 全席自由
申し込み方法 参加希望者の氏名(4名まで)、代表者の住所、氏名、連絡の取れる電話番号を記入の上、ハガキまたはFAXで久留米市美術館まで。2月4日(火)必着。

ニュースレター

ポーランド広報文化センターからのお知らせや、各種イベントの情報を電子メールにて配信いたします。
おおよそ1ヶ月に1回の発行を予定しております。ご登録はこちらから(無料)。