イベント / 映画 / 演劇・ダンス / 音楽 / ビジュアルアート / 文学 / その他

L.O.V.E.L.E.T.T.E.R.S.

イベント, ビジュアルアート


ピョトル・ブヤク個展
2019年11月22日(金)〜12月8日(日)
BLOCK HOUSE(東京都渋谷区神宮前 6-12-9)

これは現在進行中のプロジェクトで、ブヤクが94歳の祖母とビデオ通話をしながらクロスワードパズルを解く姿が示される。毎回のクロス ワードパズル・セッションはポーランドと日本をSKYPEで繋いで行われた。遠く海を越える感情的な絆、技術が崇高な側面を持ち得ることが、限られた知識でスマホや聴覚障害と格闘する祖母の姿と共に伝わってくる。

ピョトル・ブヤク|Piotr Bujak アーティスト
1982年ベンジン(ポーランド)生まれ。
東京とクラクフを拠点に、映像、インスタレーション、立体、 パフォーマンスなど多様な技法を用いて制作を行う作家であり研究者ある。対抗的パンク文化、ミニマリズム、コン セプチュアリズム、ネオ・アヴァンギャルド、批評的言説に 関心をもつ。「低予算で手軽に、DIYで、電撃的に(Low Budget, Quick and Dirty, Hit and Run)」 を戦略としつつ、新自由主義の病理、暴力、同一性、文化 や政治領域と関連するような作品を制作している。特にサンフランシスコで過ごした経験から、ブヤクはこうしたオー プンソースの戦略を用いて、残酷で不公平な、階級間の不平等、消費者意識、技術の進歩、グローバリゼーションや 超監視時代のアイデンティティなど、後期資本社会における政治的・社会的問題についての芸術的・学術的研究を行うようになった。文部科学省の国費留学生制度の奨学金を受け、只今多摩美術大学で博士後期課程の大学院生。

ニュースレター

ポーランド広報文化センターからのお知らせや、各種イベントの情報を電子メールにて配信いたします。
おおよそ1ヶ月に1回の発行を予定しております。ご登録はこちらから(無料)。