イベント / 映画 / 演劇・ダンス / 音楽 / ビジュアルアート / 文学 / その他

二人展 「間」

イベント, その他, ビジュアルアート

The door through which the moonlight comes-間

2019年10月2日(水)~19日(土)
11:00~19:00 ※最終日は17:00まで。日・月・火休廊

会場: +1art
(大阪市中央区谷町6-4-40)
050-3402-6279
www.plus1art.jp

作家:ミコワイ・ポリンスキ(Mikołaj Poliński)、ダニエル・コニウシュ(Daniel Koniusz)

●10月5日(土) 16:00-18:00
会場 +1artにて、トークとアートパフォーマンスが行われます。
一部:トーク 加須屋明子 氏
二部:アートパフォーマンス
参加費 500円
要予約 gal@plus1art.jp / 050-3402-6279

 

ミコワイ・ポリンスキは、音楽と視覚芸術の関係性をテーマに主にドイツとポーランドで活動。自ら建造した五角形のパフォーマンス空間<<Utopia Pavilion>>をはじめ、ドローイングやオブジェクトを逆さまに配置したインスタレーション<<One Day in Paradice>>など、視覚的な作品と音楽をひとつのイメージ空間として仕上げる表現スタイル。

Daniel Koniusz

ダニエル・コニウシュは音、建築、写真、彫刻など様々なメディアを用い、特にオーディオ機材を巧みに使います。本年5月に国交樹立100周年を記念して京都で開催された「日本ポーランド現代美術展-セレブレーション」では、過剰設置されている日本の自動販売機を改造したオブジェや、街で録音した会話を素材にしたサウンドインスタレーションを滞在製作。

2人の作家が国交樹立100周年のテーマとしたのは「間 ma」という言葉です。日本語以外では言語化困難なこの概念を彼らは日本文化の美意識を表すキーワードとして捉えました。

ダニエル・コニウシュ(Daniel Koniusz)

1985 年生まれ、ポズナン在住。2012 年ポズナン美術アカデミー卒業。同大学博士学位取得。主に オーディオビジュアル作品を制作する。ポズナン芸術大学のメディアアート部長。同大学にて音響スタジオ「オーディオ・スフィア」を設立。音、建築、写真、彫刻など様々なメディアを使用し、コンテンポラリー・ナレーション、対人コミュニケーションの形式と言語、意味論や経済的なコミュニケーションのパターンに焦点を当てたインスタレーションを発表。「帯電防止」(ポズナン国立博物館、2018年)、「ポーランドの若手作家」展(クラクフ現代美術館、2018年)、「音の沈黙」ヴロツワフ現代美術館、2016年)、「オルタナティブ・ビュー」(Haus am Lützowplatz、ベルリン、 2015年)など国内外の展覧会に参加する。

ミコワイ・ポリンスキ(Mikołaj Poliński)


Mikołaj Poliński
1977 ポーランド、ポズナン市生まれ 2002 ベルリン芸術大学大学院コース修了 2007 博士号取得(視覚芸術と音楽の関係性) 2011 Dr.habilitation取得 現在、ポズナン芸術大学教授 近年の主な展覧会 2019  個展「19 Shades of Grey」(Muzalewska Gallery/ポーランド) 2018  個展「Displacement」(Emerson Gallery/ドイツ)     個展「Five Movements」(+1art/大阪) 2015 Utopia Pavilion - Ise (伊勢現代美術館/三重)     個展「Alternative Views」(Haus am Lützowplatz/ドイツ) 2014 「Net」(Fundacja Profile/ポーランド) 2013 「Beyond Corrupted Eye」(MOCAKクラクフ現代美術館/ポーランド)     個展「Blueshift」(Arsenał ポズナン市立ギャラリー/ポーランド) 2012 「Beyond Corrupted Eye」(Zachęta ワルシャワ国立美術館/ポーランド)     個展「Noises of Utopia」(Emerson Gallery/ドイツ)

ニュースレター

ポーランド広報文化センターからのお知らせや、各種イベントの情報を電子メールにて配信いたします。
おおよそ1ヶ月に1回の発行を予定しております。ご登録はこちらから(無料)。