過去のイベント / 映画 / 演劇・ダンス / 音楽 / ビジュアルアート / 文学 / その他

ポーランド広報文化センター 設立

過去のイベント, その他


 

 2011年11月28日午後4時から日本記者クラブにて、「ポーランド広報文化センター」の設立に関するイェジ・ポミャノフスキ・ポーランド共和国外務次官(副大臣)の記者会見が開かれました。同記者会見はヤドヴィガ・ロドヴィッチ‐チェホフスカ駐日ポーランド共和国大使ならびにアレクサンドラ・ピョントコフスカ広報外交・文化局長の同席のもと行われました。
 ポミャノフスキ外務次官は、2011年11月17日付けラドスワフ・シコルスキ・ポーランド共和国外務大臣の決定により、東京の駐日ポーランド共和国大使館内にポーランド広報文化センターが開設された旨を発表しました。
 東京に開設されたポーランド広報文化センターは、世界で22番目、東アジアでは初のポーランド広報文化センターとなります。既存の21のポーランド広報文化センターは、西・北欧に8か所(ベルリン、デュッセルドルフ、ライプチヒ、ロンドン、マドリッド、パリ、ローマ、ストックホルム)、ロシヤおよび中・東欧に11か所(ブラチスラヴァ、ブダペスト、ブカレスト、キエフ、ミンスク、モスクワ、プラハ、サンクトペテルブルク、ソフィア、ウィーン、ヴィリニュス)、更にニューヨークとテルアビブに設けられおり、近い将来には北京とニューデリーにも開設される予定です。
 ポーランド広報文化センターはポーランド共和国外務省直属の機関であり、以下の分野におけるポーランド共和国大使館の活動支援を目的としています。

 *広報外交(パブリック・ディプロマシー)‐日本のマスメディア、学術機関、NGO、シンクタンク等との協力のもと情報発信を行い、適切なポーランド像の形成、イメージアップを図ること。
 *文化外交‐日本の文化生活におけるポーランドの存在感を増すこと、日本の文化・学術機関にポーランド文化を導入すること、日本で開催される国際的文化事業にポーランドを参加させること。ポーランド文化・国家遺産省の付属機関(アダム・ミツキェーヴィチ・インスティトゥート、ポーランド映画芸術インスティトゥート、国立映画センター、図書インスティトゥート、舞台芸術インスティトゥート、国立フリデリク・ショパン・インスティトゥート、博物館、芸術大学等)との協力のもと、広い意味でのポーランド語とポーランド文化の普及を図ること。

 日本は、ポーランドの重要な政治、経済、文化的パートナーであり、東京のポーランド広報文化センターは、アジアにおけるポーランド外交の課題の増加を背景として開設されました。昨今、ポーランドの文化・学術は日本において広く紹介、普及されるようになりました。その背景には、2009年の日本・ポーランド国交樹立90周年、2010年のショパン・イヤー、2011年のポーランドの欧州連合理事会議長国就任を記念し、様々な事業が展開されたことがあげられます。ポーランド広報文化センターは、長期的展望においては経済効果をもたらし得るプロモーション活動を考慮に入れた、限りなく広い意味での長期的文化政策の企画・調整に取り組みます。

 

イェジ・ポミャノフスキ外務次官とヤドヴィガ・ロドヴィッチ‐チェホフスカ大使(2011年11月28日、東京の日本記者クラブにて)

 

中曽根弘文 参議院日本・ポーランド友好議員連盟会長、ヤドヴィガ・ロドヴィッチ‐チェホフスカ大使、イェジ・ポミャノフスキ外務次官、アレクサンドラ・ピョントコフスカ外務省広報外交・文化局長(2011年11月28日、東京の日本記者クラブにて)

 

(写真撮影:アダム・コルバルチック)

 

 

ニュースレター

ポーランド広報文化センターからのお知らせや、各種イベントの情報を電子メールにて配信いたします。
おおよそ1ヶ月に1回の発行を予定しております。ご登録はこちらから(無料)。