過去のイベント / 映画 / 演劇・ダンス / 音楽 / ビジュアルアート / 文学 / その他

第17回ショパン国際ピアノ・コンクール2015 入賞者ガラ・コンサート

過去のイベント, 音楽


野村不動産グループ Presents
第17回ショパン国際ピアノ・コンクール2015 入賞者ガラ・コンサート

2016年01月28日(木) 19時開演
東京芸術劇場 コンサートホール
 http://www.geigeki.jp/access/index.html

2016年1月29日(金) 19時開演
東京芸術劇場 コンサートホール

出演者:
ヤツェク・カスプシック (音楽監督&指揮)
ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団
チョ・ソンジン  (ショパン・コンクール第1位)
シャルル・リシャール=アムラン  (ショパン・コンクール第2位)
ケイト・リウ  (ショパン・コンクール第3位)
エリック・ルー  (ショパン・コンクール第4位)
イーケ・トニー・ヤン (ショパン・コンクール第5位)
ドミトリー・シシキン  (ショパン・コンクール第6位)

お問い合わせ先: ジャパン・アーツ http://japanarts.co.jp/concert/concert_detail.php?id=378&lang=1
電話番号: 03-5774-3040 (10:00~18:00 年末年始を除く)
 

演奏プログラム
1月28日(木)
ドミトリー・シシキン:ロンド 変ホ長調  作品16 
イーケ・トニー・ヤン:即興曲 第2番 嬰へ長調  作品36 、スケルツォ 第3番 嬰ハ短調  作品39
エリック・ルー:アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ  作品22 (オーケストラ付)
ケイト・リウ:3つのマズルカ  作品56 (第1番 ロ長調 、第2番 ハ長調 、第3番 ハ短調)
シャルル・リシャール=アムラン:ピアノソナタ 第3番 ロ短調  作品58
チョ・ソンジン:ピアノ協奏曲 第1番 ホ短調 作品11

1月29日(金)
エリック・ルー:24の前奏曲 Op.28より、 第4番 ホ短調 、 第15番 変ニ長調「雨だれ」、第16番 変ロ短調、第17番 変イ長調、第24番 ニ短調
イーケ・トニー・ヤン:舟歌 嬰ヘ長調  作品60、ワルツ 第1番 変ホ長調 「華麗なる大円舞曲」作品18
ドミトリー・シシキン:スケルツォ 第2番 変ロ短調  作品31
チョ・ソンジン: 夜想曲 第13番 ハ短調  作品48-1 、幻想曲 ヘ短調  作品49 、ポロネーズ 第6番 変イ長調  作品53「英雄」
ケイト・リウ:ピアノ協奏曲 第1番 ホ短調  作品11
シャルル・リシャール=アムラン:ピアノ協奏曲 第2番 ヘ短調  作品21

主催:ジャパン・アーツ
提携: 東京芸術劇場 (公益財団法人東京都歴史文化財団)
後援: ポーランド広報文化センター
特別協賛: 野村不動産グループ

チョ・ソンジン

1994年5月28日ソウル生まれ。2008年モスクワで行われた「青少年のためのショパン国際ピアノ・コンクール」で1位受賞。2009年第7回浜松国際ピアノ・コンクールでは15歳で最年少優勝を果たし、同時に日本人作品最優秀演奏賞、札幌市長賞も受賞。2011年に17歳でチャイコフスキー国際コンクール第3位、2014年ルービンシュタイン国際ピアノ・コンクール第3位入賞。2015年10月に行われた第17回ショパン国際ピアノ・コンクールで優勝、ポロネーズ賞も同時受賞し、国際的な脚光を浴びる。コンクールの模様はインターネットを通じて世界中に配信され、卓越したテクニックと透明で美しい音色、身体中から溢れ出る音楽性が聴く人の心を打ち、若き世代で最も卓越したピアニストの一人として、高く評価されている。これまでに、チョン・ミョンフン、ロリン・マゼール、ワレリー・ゲルギエフ、ミハイル・プレトニョフ、マレク・ヤノフスキ、ウラジーミル・アシュケナージなどの著名指揮者の指揮の下、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団、フィルハーモニア管弦楽団、ベルリン放送交響楽団、フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団、ブダペスト祝祭管弦楽団、マリインスキー歌劇場管弦楽団、ロシア・ナショナル管弦楽団、バーゼル交響楽団、デンマーク放送交響楽団、NHK交響楽団、ソウル・フィルハーモニー管弦楽団などの世界一流のオーケストラと共演。2015/2016年シーズンには、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、サンクトペテルブルグ・フィルハーモニー交響楽団、ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団等とヤクブ・フルシャ、ユーリ・テミルカーノフ等の指揮で共演が予定されている他、韓国、中国、日本への演奏旅行、サンクトペテルブルグ・フィルハーモニーホール、コンセルトヘボウ・リサイタル・ホール、ロンドン“国際ピアノ・シリーズ”などでのリサイタル、 プラハの春、ルール・ピアノ・フェスティバル、アネシー音楽祭などのヨーロッパ各地の音楽祭にも招かれている。パリ在住。今までにS.R. パク、S.J. シン、パリ高等音楽院でミシェル・ベロフに師事している。

ニュースレター

ポーランド広報文化センターからのお知らせや、各種イベントの情報を電子メールにて配信いたします。
おおよそ1ヶ月に1回の発行を予定しております。ご登録はこちらから(無料)。