過去のイベント / 映画 / 演劇・ダンス / 音楽 / ビジュアルアート / 文学 / その他

ナイジェル・ケネディ presents バッハ meets ファッツ・ウォーラー

過去のイベント, 音楽


世界を代表するヴァイオリン・ヴィルトゥオーゾと評され、英国が誇る奇才、ナイジェル・ケネディ。高度な技術、特異な才能、クラシックの枠を越えた独自の音楽性は現代の音楽シーンに大きな影響を与えている。
2月20日 会場:東京オペラシティー 開演:19:00
Nigel Kennedy 5年ぶりの来日!バンドのメンバーはポーランドの有名なジャズ・ミュジシャン!

[出演]
ナイジェル・ケネディ(Vn)、ヤレク・シュメタナ(Gt)、ヤロン・スタヴィ(Bass)、クシシュトフ・ヂェジッツ(Drms)

[曲目]
・J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ 第2番 イ短調 BWV1003
・ファッツ・ウォーラーの楽曲より

◆ヤレク・シュメタナ(ギター)ポーランド出身。ポーランドを代表するジャズ・グループ、エクストラ・ボールのリーダーとして1975年よりヨーロッパ各地で活動。ヨーロッパ内で数々の受賞歴を誇り、これまでアート・ファーマー(トランペット)、フレディ・ハバード(トランペット)、ジョー・ザヴィヌル(ピアノ)などの著名ミュージシャンとの共演を果たしている。
◆ヤロン・スタヴィ(ベース)ジャズ、ロック、クラシック、などジャンルを問わずこれまでヨーロッパの他、アメリカ、アジアなどで活動。これまでグスタフ・マーラー・ユーゲント管弦楽団の首席コントラバス奏者として小沢征爾、マリス・ヤンソンス、ピエール・ブーレーズなどの著名指揮者と共演した他、ジャズ・アンサンブルのオリエント・ハウス・アンサンブルの一員として、ヨーロッパで活動。2003年にはアンサンブルのCDがBBCジャズ賞を受賞。
◆クシシュトフ・ヂェジッツ(ドラム)ポーランド出身。ポーランドのカトヴィツェ音楽大学を卒業後、1994年にヨーロッパ最古のジャズ・フェスティバル、『ジャズ・ジャンボリー・フェスティバル』でデビューし、これまでデヴィッド・マレイ(サックス)、スティーブ・ローガン(ベース)などとの共演を果たしており、ナイジェル・ケネディとは最新アルバム、『フォー・エレメンツ』でも共演。

http://www.samonpromotion.com

http://www.operacity.jp

ナイジェル・ケネディ


ニュースレター

ポーランド広報文化センターからのお知らせや、各種イベントの情報を電子メールにて配信いたします。
おおよそ1ヶ月に1回の発行を予定しております。ご登録はこちらから(無料)。