過去のイベント / 映画 / 演劇・ダンス / 音楽 / ビジュアルアート / 文学 / その他

プラハ交響楽団 ウカシュ・ボロヴィチ指揮

過去のイベント, 音楽


2013年1月5日 ~ 19日

出演者:
ウカシュ・ボロヴィチ Łukasz Borowiz (指揮者)
上原 彩子Ayako Uehara (ピアノ)
プラハ交響楽団 Prague Symphony Orchestra

プログラム:

ドヴォルザーク:スラブ舞曲
 第9番 ロ長調 作品72-1 No.9 in B major op.72-1
 第10番 ホ短調 作品72-2 No.10 in E minor op.72-2
 第8番 ト短調 作品46-8 No.8 in G minor op.46-8

ショパン:ピアノ協奏曲第1番 ホ短調 作品11 (ピアノ:上原彩子)

———————–

チャイコフスキー:交響曲第5番 ホ短調 作品64

www.japanarts.jp

 

1月5日(土) 鳥栖市民文化会館 同左 0942-85-3645 ☆
 
1月6日(日) はつかいち文化ホールさくらびあ 同左 0829-20-0111 ☆
 
1月8日(火) 東京 サントリーホール ジャパン・アーツぴあ:03-5774-3040

1月9日(水) 福島市音楽堂 同左 024-531-6221 ☆
 
1月11日(金) 東京エレクトロンホール宮城 河北チケットセンター 022-211-1189 ★
 
1月13日(日) 横浜みなとみらいホール 神奈川芸術協会 045-453-5080 ☆○
 
1月14日(月・祝) 兵庫県立芸術文化センター 芸術文化センターチケットオフィス 0798-68-0255 ★
 
1月16日(水) 鹿児島市民文化ホール(第1) 同左 099-257-8111 ☆
 
1月19日(土) 札幌コンサートホールKitara 大ホール オフィス・ワン 011-612-8696 ☆ 

☆Vn:千住真理子 ★Vn:木嶋真優 ○Pf:上原彩子

 

ウカシュ・ボロヴィチ Łukasz Borowicz (指揮者 / Conductor)


 

若き指揮者ウカシュ・ボロヴィチは、2010年にシュレスヴィーヒ=ホルシュタイン音楽祭でコンサート形式のオペラ「ハルカ」でデビューし、高い評価を得た。以来、彼の人気はますます高まっており、ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団、ベルリン・コーミッシェ・オパー(2012年のラ・ボエーム)、ライプツィヒMDR交響楽団(2012年クルト・ヴァイル・フェスト)、ハノーファーNDR放送フィル、デュッセルドルフ交響楽団、シュターツカペレ・ハレ、イエナ・フィルハーモニーに招かれて指揮をしている。また2011年のシュレスヴィーヒ=ホルシュタイン音楽祭にも再び出演した。

ボロヴィチは2010年からベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団と継続的に仕事をしており、イギリス系ポーランド人作曲家アンジェイ・バヌフニクのオーケストラ作品の録音をCPOレーベルで行っている。このプロジェクトは2013年に完成する予定である。
ボロヴィチはポーランド放送交響楽団と共にヨーロッパ全土とアジアでツアーを行っており、2007年から同団の首席指揮者を務めている。同団は多数のCDをリリースしており、ケルビーニの「ロドイスカ」、スタトコフスキの「マリア」、ルイ・シュポーアのの「アーサー王の冒険」が含まれている。ボロヴィチの録音はディアパソン・ドール(2010年3月)、ポーランド・フレデリク賞(2007、2010年)BBCミュージック・オーケストラル・チョイス(2010年8月)を受賞しており、ミデム・クラシカル・アワード(2008年)とドイツ批評家賞(2009年)にノミネートされた。
ボロヴィチはポーランド国立ワルシャワ歌劇場、クラクフ歌劇場で定期的に指揮している。
1977年にワルシャワで生まれ、ワルシャワのフレデリック・ショパン音楽アカデミーでボグスワフ・マーディに師事、その後同音楽院でアントニ・ヴィットの指導の下、指揮で博士号を取得した。2005-2006年のシーズンにはポーランド国立ワルシャワ歌劇場でカジミエシ・コルドのアシスタントを務めた。それ以前はワルシャワ・フィルでアントニ・ヴィットのアシスタント(2002-2005年)、ブダペスト祝祭管弦楽団でイヴァン・フィッシャーのアシスタント(2000-2001年)を務めている。2006年にはポズナニ・フィルハーモニー管弦楽団の首席客演指揮者に任命された。文化省から複数の補助金を授与され、トレント(1999年)、アテネ(2000年)、ポルト(2002年)、バンベルク(2004年)の4つの指揮者コンクールで入賞している。またポリティカ・ウィークリーより「パスポート」賞も受賞している(2008年)。

ボロヴィチは、その国際的な活躍の中で、ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団、ベルリン・コーミッシェ・オパー、ハノーファーNDR放送フィル、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団、グラーツ歌劇場、マルセイユ歌劇場管弦楽団、スロヴァキア放送交響楽団、プラハ交響楽団、ロシア国立フィルハーモニー管弦楽団、コペンハーゲン・デンマーク放送交響楽団、ウクライナ国立キエフ・フィルハーモニー管弦楽団、イスタンブール国立交響楽団で指揮をしている。

プラハ交響楽団 Prague Symphony Orchestra
1934年、指揮者ルドルフ・ペカーレフにより、FOK交響楽団(Film Opera Konsertの略)の名称で創設された。42年にヴァツラフ・スメターチェクが音楽監督となり、その30年間にわたる就任期間の間に彼はこのオーケストラをチェコ第一級のオーケストラに育て上げた。52年、名称をプラハ交響楽団と改める。77年には弱冠30歳のイルジー・ビエロフラーヴェクが音楽監督兼首席指揮者に就任し、同楽団の集中的な芸術的成長の観点において重要な時期を印すことになった。長期にわたって同楽団と共演した指揮者には、ヴァーツラフ・ノイマン、ズデニェック・コシュラーやウラディーミル・ヴァーレクらがいる。2001年3月から2005/2006のコンサート・シーズンの終わりまで、セルジュ・ボドが音楽監督兼首席指揮者を務めた。2006/2007のコンサート・シーズンからはイルジー・コウトが首席指揮者の地位を担い、セルジュ・ボドは桂冠指揮者となっている。
オフィシャル・ホームページ:http://www.fok.cz/

上原 彩子Ayako Uehara(ピアノ/Piano)
3歳児のコースからヤマハ音楽教室に、1990年よりヤマハマスタークラスに在籍。ヴェラ・ゴルノスタエヴァ、江口文子、浦壁信二に師事。第3回エトリンゲン国際青少年ピアノコンクールA部門第1位を始め多くのコンクールで入賞を果たす。2002年6月、第12回チャイコフスキー国際コンクール ピアノ部門において、女性としてまた、日本人として史上初めての第一位を獲得。2008年第18回新日鉄音楽賞フレッシュアーティスト受賞。
これまでに国内外にて演奏活動を行い、2004年12月にはデュトワ指揮NHK交響楽団と共演し、2004年度ベスト・ソリストに選ばれた。CDは日本人ピアニストとして初めて、EMIクラシックスと契約し、チャイコフスキーの作品を収めた「グランド・ソナタ」、フリューベック・デ・ブルゴス指揮のロンドン交響楽団との共演によるチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番、プロコフィエフ作品集の3枚がワールドワイドでリリースされている。

ニュースレター

ポーランド広報文化センターからのお知らせや、各種イベントの情報を電子メールにて配信いたします。
おおよそ1ヶ月に1回の発行を予定しております。ご登録はこちらから(無料)。