過去のイベント / 映画 / 演劇・ダンス / 音楽 / ビジュアルアート / 文学 / その他

映画「幸せのありか」ロードショー

過去のイベント, 映画


幸せのありか/Chce się żyć(原題)/Life feels good(英題)
2014年12月13日 (土) より、東京・岩波ホールにて公開 
http://www.iwanami-hall.com/contents/next/about.html
昨年のポーランド映画祭2013にてプレミア上映された本作は、ポーランドでも話題になった傑作感動作。
http://www.alcine-terran.com/shiawase/

監督・脚本: マチェイ・ピェプシツア  
撮影: パヴェウ・デイルス
出演: ダヴィト・オグロドニク、カミル・トカチ、ドロタ・コラク、アルカディウシュ・ヤクビク、カタジナ・ザヴァツカ
2013年/ポーランド/107分
後援: 駐日ポーランド共和国大使館、ポーランド広報文化センター
文部科学省特別選定 (青年向き、成人向き)、文部科学省選定 (家庭向き)、厚生労働省社会保障審議会〈推薦〉
*バリアフリー上映も予定しています。

 

マチェイ・ピェブシツア

1964年、ポーランド、カトヴィツェ生まれ。テレビ・映画監督・脚本家、ジャーナリスト。「The Different」「By Knock-out」「I Am a Killer」等のドキュメンタリー映画、また、「Inferno (2001)」、「Feast of St Barbara (2005)」のTV作品で、国内外の国際映画祭にて多数受賞。好評を得る。長編映画のデビュー作となった「木っ端微塵〈日本劇場未公開〉(2008)」では、ヒューストン国際映画祭でシルバーレミー賞、ポーランド劇映画祭(現・グディニア映画祭)で最優秀長編デビュー作品賞を受賞。

ニュースレター

ポーランド広報文化センターからのお知らせや、各種イベントの情報を電子メールにて配信いたします。
おおよそ1ヶ月に1回の発行を予定しております。ご登録はこちらから(無料)。