過去のイベント / 映画 / 演劇・ダンス / 音楽 / ビジュアルアート / 文学 / その他

龍野アートプロジェクト2014

過去のイベント, 音楽, 演劇・ダンス, 映画


日本ポーランド現代芸術祭「流れ  Flow」

兵庫県たつの市で2011年に始まった音楽・舞台・美術の現代芸術祭。江戸時代から受け継がれてきた文化財の魅力を活用しながら地域の活性化を図り、優れた芸術を国内外に発信する中で、“多くの人々の集まる場”の創設を目指しています。2014年のテーマは「流れ Flow」。実演芸術に注目し、音楽と映像、インスタンレーション、ダンスパフォーマンスなどが融合した現代芸術際を、地域の文化遺産である醤油蔵(国登録有形文化財)にて開催します。また、昨年に続いてポーランドからも作家アレクサンデル・ヤニツキ氏やパフォーマー岩田美保氏を招き、日波の相互理解と国際交流、国際発信も目指します。醤油蔵の特質を生かし、コンサートホールでは得られない音の響き、演奏家の息づかいの感じられる客席の配置や映像、絵画、切り紙等に包まれ、全身で味わえるような空間によって、様々なジャンルの芸術が「流れ」となって醤油蔵で合流します。プレイヴェントのソプラノコンサートではポーランドの音楽作品を耳にすることも出来、様々な芸術ジャンルでポーランドを感じられる類無きイヴェントでもあります。どうぞこの機会をお見逃しなく。

2014年11月2日(日) – 16日(日) 10:00-16:00  ※11月10日(月) 休館
ヒガシマル醤油元本社工場〔国登録有形文化財〕/ 旧銀行洋館〔兵庫県信用組合跡〕
入場料: 300円(当日券のみ/ 高校生以下無料/ 会期中再入場可能) 
※コンサートには別途チケット代が必要です。
お問い合わせ: 龍野アートプロジェクト TEL&FAX: 0791-63-3555 
www.tatsuno-art-project.com

プログラムより抜粋
11月1日(土)「日波国際シンポジウム」 14:30 – 15:30
パネリスト:アレクサンデル・ヤニツキ、宮永匡和、岩田美保、淺井良昭
「ソプラノコンサート」16:00-17:00 (開場:15:30) ※ポーランドの作品が歌われます♪
演奏:薮田瑞穂(Sop.)
料金:前売り2000円(当日2500円)※入場料含む

【開会】11月2日(日)  響演2014「流れ」
現代音楽(薮田翔一)×映像・バレエ・パフォーマンス
チケット:前売り各2500円(当日3000円)※入場料含む
〈午前の部〉 開場:10:30 開演:11:00-12:30
「Accumulate」 小野村(Vl.)、山内(Cl.)、岩崎(Pf.)
「Glitter」 岩崎(Pf.)+片岡(バレエ)
「Collide」 小野村(Vl.)、岩崎(Pf.)
「MOVE」 高原(Vl.)+岩田(パフォーマンス)
「タイトル未定(新曲)」 薮田瑞穂(Sop.)
「Flow Ⅲ」 小野村(Vl.)、山内(Cl.)、岩崎(Pf.)
×ヤニツキ(映像)《ブラックアウト》2013

〈午後の部〉 開場:14:30 開演:15:00-16:30
「Streamer」 小野村(Vl.)、山内(Cl.)、岩崎(Pf.)
「Glitter」 岩崎(Pf.)、片岡(バレエ) 
「Seto Inland sea」 岩崎(Pf.)
「MOVE」 高原(Vl.)+岩田(パフォーマンス)
「Ripple」 岩崎(Pf.1)、松尾(Pf.2)
「タイトル未定(新曲)」 薮田瑞穂(Sop.)、
「Flow Ⅲ」 小野村(Vn.)、山内(cl.)、岩崎(pf.)

11月8日(土)「谷澤紗和子インスタレーション×岩田美保パフォーマンス」
13:30-14:00 料金:無料 ※別途入場料が必要

11月15日(土)「岩田美保パフォーマンス」 協力:岩田哲夫
13:30-14:00 料金:無料 ※別途入場料が必要

【前期・後期 / 展示替詳細】
〈前期〉11月2日(日)-9日(日)
「薮田翔一 音楽×アレクサンデル・ヤニツキ 映像」
音楽:薮田翔一《Flow Ⅲ》2014
映像:アレクサンデル・ヤニツキ《ブラックアウト》2013
〈後期〉11月11日(火)-16日(日)
「大舩真言インスタレーション ×薮田翔一音楽」
絵画:大舩真言 《記憶の果て》2007
音響:薮田翔一 《声流》 2014

作曲・舞台監修: 藪田翔一
1983年たつの市出身。2011年東京音楽大学大学院作曲家修了。第78,79,80,81回日本音楽コンクール2位入賞。トロンボーンピース・オブ・ザイヤー2011作曲賞、京都フランスアカデミーメシアン賞、2013年ウィーンコンチェルトハウス100周年作曲賞最優秀作品賞(オーケストラ部門)受賞。2013年SORODHA国際作曲コンクール1位受賞。2013年カジミェシュ・セロツキ国際作曲コンクール3位入賞。2014年第3回クロアチア国際作曲賞NEW NOTE 2位入賞。2014年第3回高松国際ピアノコンクール課題曲委嘱作曲家。たつの市民奨励賞(文化賞)。21世紀音楽の会会員。

パフォーマンス: 岩田美保/片岡典子

岩田美保
1962年愛知県生まれ。1985年京都府立大学卒業、1986-92年ヤギェウォ大学(クラクフ)留学。1990年代より舞台作品を手がけ、クラクフを拠点に多数公演を続ける。2002年よりその場の状況や空間を生かした即興性の高いパフォーマンスへ移行。2012年よりプロジェクトFUKUSHIMA!に参加。ポーランド、クラクフ在住。

美術: 大船真言、谷澤紗和子、宮永匡和、ミロスワフ・バウカ、アレクサンデル・ヤニツキ

宮永匡和
1970年大分生まれ。1993年福岡教育大学美術過程卒業。1995年つくば大学大学院修士課程美術専攻修了後、青年海外協力隊員としてポーランドに勤務、1999年から2003年までクラクフ美術アカデミー修復過程研究生。クラクフを拠点に絵画制作を続けている。古典技法を用いた静謐な作風は日波の完成を癒合する。ポーランド、クラクフ在住。
 
ミロスワフ・バウカ
1958年ポーランド、ワルシャワ生まれ。1985年ワルシャワ美術アカデミー/彫刻専攻卒業。歴史や記憶、身体の痕跡と深く結びついた立体作品や映像作品を手がけ、高く評価される。カッセンのドクメンタやヴェネチア・ビエンナーレ、サンパウロ・ビエンナーレなど数多くの国際展にも参加。2011年よりワルシャワ美術アカデミー教授。ポーランド、ワルシャワ在住。

アレクサンデル・ヤニツキ
1990年美術アカデミー卒業。クラクフを拠点として活動を続け、音や映像を取り入れたインタラクティヴなインスタレーション作品を多く手がける。公共空間への設置も多く、また、国内外にて実験的演劇行為も実地。2005年の愛知県万博ポーランド館ではマルチメディアインスタレーション《エコー》を展示し、ポーランド建築家協会年間最優秀賞受賞など受賞多数。

演奏: 小野村友恵/山内静/岩崎宇紀/松尾京子/高原里紗/藪田瑞穂/三木香代 (特別出演)

芸術監督/加須屋明子(京都市立芸術大学美術学部准教授)
 

 

 

 

ニュースレター

ポーランド広報文化センターからのお知らせや、各種イベントの情報を電子メールにて配信いたします。
おおよそ1ヶ月に1回の発行を予定しております。ご登録はこちらから(無料)。