過去のイベント / 映画 / 演劇・ダンス / 音楽 / ビジュアルアート / 文学 / その他

『ソハの地下水道』ロードショー / DVD

過去のイベント, 映画


原題:W ciemności (In Darkness)
監督・脚本:アグニェシュカ・ホランド 

DVD 発売 2013年4月19日

商品の詳細

 


ポーランド映画上映会@東京外国語大学
http://www.facebook.com/TUFSpolskifilm
『ソハの地下水道』
(2011年/2時間25分)
監督:アグニエシュカ・ホラント
出演:ロベルト・ヴィエンツキェヴィチ、アグニエシュカ・グロホフスカ

『敬愛なるベートーヴェン』のアグニエシュカ・ホラント監督が、第二次大戦下のポーランドで自身と家族の命を顧みずに多くのユダヤ人たちを助けようとした下水修理人ソハの姿を描く。アカデミー賞外国語映画賞候補にもなったヒューマンドラマ。

2013年4月18日(木)17:50~
東京外国語大学 研究講義棟3階 322教室

英語字幕つき・入退室自由

 


公開

2013年2月9日  東京 下高井戸シネマ  http://www.shimotakaidocinema.com/
2013年2月16日  富山 フォルツァ総曲輪   http://www.tmo-toyama.com/forza-sogawa/

全国順次ロードショー!2012年9月22日より http://sohachika.com/pc/theater/

原題:W ciemności (In Darkness)
監督・脚本:アグニェシュカ・ホランド Agnieszka Holland 『太陽と月に背いて』『敬愛なるベートーヴェン』
出演:ロベルト・ヴィエンツキェヴィチ、ベンノ・フユルマン『アイガー北壁』、ヘルバートト・クナウプ『善き人のためのソナタ』
2011年/ドイツ・ポーランド合作/145分 
© 2011 Schmidtz Katze Filmkollektiv GmbH, Studio Filmowe ZEBRA, Hidden Films Inc.
配給: アルバトロス・フィルムクロックワークス

映画『ソハの地下水道』公式サイト  http://www.sohachika.com

本年度アカデミー賞外国語映画賞ノミネート

【STORY】 1943年3月、ナチス支配下のポーランド。地下水道の労働者であるソハは迷路のように入り組んだ地下を熟知しており、盗品をそこに隠しながら飢えをしのいでいた。そんな中、ゲットーからトンネルを掘って地下に逃げ込んできたユダヤ人たちを偶然見つける。最初こそ金目当てでかくまうが、ユダヤ人たちの運命がナチスに追い込まれていくにつれ、次第に彼らに気持が寄り添っていく・・・。ユダヤ人をかくまったことがナチスに見つかれば、ソハだけでなく家族全員が公開絞首刑になる。果たして、ソハは彼らを守り抜くことが出来るのだろうか?

 


*映画原作*

『ソハの地下水道』

ロバート・マーシャル著 杉田七重訳

「ホロコーストのもとでいかにユダヤ人が生き延びたのか、そして彼らを救うという困難に対し、人々がその重荷を引き受けようと、いかに心を動かされたのか ―― まさに胸打たれる本書は、そこに目を見張るべき新しい光を投げかけている」      

1943年、ポーランドの都市ルヴフはナチス・ドイツ占領下にあった。ナチスは、ゲットーのユダヤ人殺害〈ラインハルト作戦〉を執行。そんな中、自宅の床をフォークやのみで堀り進め、その下にある地下水道へ逃れようとするユダヤ人たちがいた。だが計画遂行の矢先、彼らは地下水道で働くポーランド人の男ソハとその仲間に見つかってしまう。金銭と引き換えに助けを求めるユダヤ人たちを、根っからの善良ではないが、職人気質でどこか陽気なこの男は、受け入れる。地下水道はまさにハデスの地獄――悪臭と暗闇、仲間の死、怯えと狂気に震えながら、壮絶な日々を彼らは生きる。その姿を目の当たりにしながら、ソハ自身も変わってゆく。金も尽き、ナチスの追っ手も迫り、彼らの命運はソハに託された――。
14か月後、ロシアによる解放の時、彼らは陽の光を浴びることができたのか。

「あの日のことは自分の胸にだけしまっておこう。生存者たちはみなそう思っていたようだ……(中略)……その結果、個人の記憶は他者の影響を受けることなく、本人の見たまま感じたまま残されることになる。あの時代を生きのこった五人の、完全に別個の主観からなる証言をもとに、集団全員に忠実な物語がつくれないものかと考えて、わたしは本作の執筆にのりだした……(中略)……資料を集めれば集めるほど、食いちがいが出てくると予期していたが、驚くべきことに、それぞれの証言がたがいの足りないところを補いあって、ときにまったく異なる五つの視点から事件を立体的にとらえることができたのだ」
(本書序文より)

数々の証言を交え、人々の心の動きを丁寧になぞりながら、
奇跡的な真実を描き出す、感動のノンフィクション。

商品の詳細

ソハの地下水道 (集英社文庫) ロバート・マーシャル、 杉田 七重 (2012/8/21)

 

ニュースレター

ポーランド広報文化センターからのお知らせや、各種イベントの情報を電子メールにて配信いたします。
おおよそ1ヶ月に1回の発行を予定しております。ご登録はこちらから(無料)。