過去のイベント / 映画 / 演劇・ダンス / 音楽 / ビジュアルアート / 文学 / その他

ポーランド演劇の現在形

過去のイベント, 演劇・ダンス


タデウシュ・カントル生誕100年記念
「ポーランド演劇の現在形」

11月24日(火)~11月29日(日)

20世紀を代表する演出家・美術家タデウシュ・カントルと、カントルと並び称されるイェジー・グロトフスキを起点に、ベルリンの壁が崩壊した1989年以降の動きに焦点を当て、トーク、ディスカッション、映像上映、ワークショップ、展示など多彩なプログラムを開催。ポーランドから迎えた20~40代の3世代にわたる演出家と共に、現代ポーランド演劇の見取り図を描く6日間。

http://www.festival-tokyo.jp/15/program/talk/

日程
11/24(火)19:00    トーク(1)「国際ミーティング<Polska New Theatre>レポート」

登壇者:マグダ・シュペフト(演出家)、久山宏一(ポーランド広報文化センター)、
横堀応彦(ドラマトゥルク、F/T15ディレクターズコミッティ)

11/25(水)19:00   トーク(2)「ポーランドにおける演劇活動の現在」

登壇者:ウカシュ・トゥファルコフスキ(ヴロツワフ・ポーランド劇場専属演出家)、マグダ・シュペフト 司会:横堀応彦

11/26(木)19:00   「アクロポリス」映像上映+トーク

11/28(土)15:30   「不屈の王子」映像上映+トーク

11/29(日)15:30    ディスカッション「ポーランド演劇の伝統と革新」

登壇者:ヤロスワフ・フレト(演出家、Teatr ZAR主宰、グロトフスキ・インスティトゥート代表)、
ウカシュ・トゥファルコフスキ、マグダ・シュペフト

モデレーター:岩城京子(演劇ジャーナリスト)

 

会場
東京芸術劇場 アトリエイースト

料金
各回500円(予約優先)

言語
ポーランド語(日本語逐次通訳あり)

共催:F/T、ポーランド広報文化センター
後援:駐日ポーランド共和国大使館
協力:cricoteka、The Grotowski Institute、Teatr ZAR

ニュースレター

ポーランド広報文化センターからのお知らせや、各種イベントの情報を電子メールにて配信いたします。
おおよそ1ヶ月に1回の発行を予定しております。ご登録はこちらから(無料)。