過去のイベント / 映画 / 演劇・ダンス / 音楽 / ビジュアルアート / 文学 / その他

タデウシュ・カントル生誕100周年記念レクチャー&シンポジウム

過去のイベント, 演劇・ダンス


第六回タデウシュ・カントル研究会

2015年4月、演劇のみならず奇才の美術家でもあったポーランドの異才タデウシュ・カントルの生誕100周年を迎えるにあたり、彼の偉業を演劇・美術の双方からのアプローチで回顧する記念事業(2015年10月を予定)の計画が進行中です。この記念事業の実施に先駆け、PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015の関連イベントとして、カントルの作品について、また演劇・美術の双方の分野にカントルが与えた影響をテーマに貴重な映像資料を交えたレクチャー&シンポジウムを開催いたします。20世紀の芸術に衝撃を与えたカントルを読み直すことで、改めて現代美術・舞台芸術の現実と未来を考えるきっかけになることを目指します。

第一部   レクチャー「タデウシュ・カントルの宇宙におけるオブジェ、マネキン、俳優たち」
講師:マウゴジャータ・ジェヴルスカ(演劇評論)
日時:2015年4月12日(日)15:00 -16:30
場所:京都市美術館1F PARASOPHIAルーム http://www.city.kyoto.jp/bunshi/kmma/information/access.html
主催:京都市立芸術大学
共催:ポーランド広報文化センター
ポーランドより演劇評論家、マウゴジャータ・ジェヴルスカ(MAŁGORZATA DZIEWULSKA 1944-)氏を迎え、タデウシュ・カントルの舞台芸術についてのレクチャーを実施

第二部 シンポジウム(上映会含む)
パネリスト:山根明季子(現代音楽作曲家)、やなぎみわ(現代美術家)、建畠晢(美術評論)、マウゴジャータ・ジェヴルスカ(演劇評論)、関口時正(東京外国語大学名誉教授)
司会:加須屋明子(京都市立芸術大学)
日時:2015年4月12日(日)17:00 -19:30
場所:京都市美術館 前庭 ※雨天時にはPARASOPHIAルームにて開催
主催:京都市立芸術大学
共催:ポーランド広報文化センター、京都国際現代芸術祭
貴重なカントルの映像「死の教室」を交えながら、演劇作品に現れる音楽、美術的側面など多方面から考察し、現代的意義を探る。

シンポジウム「ヴィトカッツィからカントルへ、そして?…――ポーランド演劇藝術について」
日時: 2015年4月18日 14:00~16:30
場所: シアターカイ劇場/東京  http://www.theaterx.jp/index.php
出演: マウゴジャータ・ジェヴルスカ、ロジャー・パルバース、関口時正

マウゴジャータ・ジェヴルスカ

エッセイスト、演劇批評家、演出家。1970年、プワーヴィ市に実験的演劇センター「ストゥディオ・テアトラルネ」をピョートル・チェシラクらと設立。つづいてイェジー・グロトフスキの「ラボラトリウム〔実験工房〕」に協力。1991–96年の間はクラクフ市の劇場「スターリ・テアトル」文藝部で、1997–2002はイェジー・グジェゴジェフスキが総監督を務めるワルシャワの劇場「テアトル・ナロドーヴィ〔国立劇場〕」文藝部長、2002–2007年間ワルシャワの劇場「テアトル・ドラマティチネ」教育プログラム制作責任者などを務めた。1980年代はクラクフ市の国立ヤギェロン大学演劇学講座で、1994–2009年間は国立ワルシャワ演劇大学演劇論学科で教鞭を執った。月刊誌『テアトル』『ディダスカリア〔ト書き〕』『レス・プブリカ』などを編集。演劇論として高い評価を得ているその著書には、『裏切られた盟約と演劇』 (1985)、『藝術家たち、巡礼者たち』(1995)、『もう一つの現存』(2009)がある。2010年にはルドヴィク・フラシェンについての記録映画を監督した。現在、国立演劇インスティテュートにおいて「カントル・セミナー」を主宰・指導、またカントルの生まれた町ヴィエロポーレにおいて、過去の記憶に関する調査を近年進めている。

 

ニュースレター

ポーランド広報文化センターからのお知らせや、各種イベントの情報を電子メールにて配信いたします。
おおよそ1ヶ月に1回の発行を予定しております。ご登録はこちらから(無料)。