過去のイベント / 映画 / 演劇・ダンス / 音楽 / ビジュアルアート / 文学 / その他

ポーランドポスター展

過去のイベント, ビジュアルアート


2012年12月12日(水)~2013年1月6日(日) 国際デザインセンター 名古屋

11:00 − 20:00 (最終日:17:00終了)

会期中休館日:12/18(火)、12/25(火)、12/29(土)~1/3(木)

4Fコレクションギャラリー・デザインギャラリー

入場:無料

主催:ポーランドポスター展実行委員会

共催:(株)国際デザインセンター 

         (公社)日本広告制作協会中部支部(OAC) 

http://www.oac-yume.com/

http://www.oac-yume.com/info/index.html

http://www.idcn.jp/20th/schedule/poland.html

 


2012年11月3日 — 12月3日    ヨコハマ創造都市センター

Polish Poster '50 - '60

 

戦後の荒廃したポーランドを勇気づけ、日本のグラフィックデザインにも大きな影響を与えたポーランドのポスター。

今なお輝き続ける、世界初のポスター美術館、ヴィラヌフポスター美術館所蔵の作品約150点を一堂にご覧いただける。

1950-1960年代、戦後のポーランドで花開いたエネルギー溢れるポスター文化。その約150点をご覧いただけます。

主催─── ポーランドポスター展 実行委員会

共催─── 横浜市(予定)|公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団

後援─── 駐日ポーランド共和国大使館|朝日新聞社|神奈川新聞社|テレビ神奈川|社団法人 日本グラフィックデザイナー協会|社団法人 日本広告制作協会|NPO法人 日本タイポグラフィ協会|社団法人 かながわデザイン機構|横濱まちづくり倶楽部 ほか

 

協力─── ポーランド広報文化センター|財団法人DNP文化振興財団|株式会社アートよみうり|横浜高速鉄道株式会社

観覧料── 一般 800円(前売 700円)|高校・大学生 600円(前売 500円)

小・中学生 無料

●2012年11月12日(月)は施設点検日のため休館

http://www.polandposter.jp/



ポスターには、言葉を超えた「伝える力」があります。

東日本大震災で被災された人々の心を鼓舞したのはポスターでした。がんばろう、というメッセージを届けることにも、ポスターは大きな役割を果たしています。ポスターは広告にも使われ、人々の関心を誘い、希望や勇気を表現するメディアとして、また都市を彩るメディアとして親しまれてきました。ポーランドは世界のポスターのデザインを見渡しても、とても特別な存在です。特に1955年~1965年にかけてつくられたポスターは、市民に生きる希望や勇気を与えたと言われています。

表現の自由とは、与えられるものではなく、勝ち取るものではないでしょうか。

50年代から60年代にかけて、ポーランドの『ポーランドポスター学校』といわれるグラフィックデザイナーたちがつくったポスターには、人々の「伝える力」がこもっています。「ポーランドポスター学校」のメンバーたちは、市民のために表現の自由を勝ち取り、表現を通して市民と向き合い、市民が何を必要としているのか、また、新しい社会的理念に相応しい、従来とは異なる現代的コミュニケーションの創造に努めました。

『ポーランドポスター学校』とは、いったいなんでしょうか?

『ポーランドポスター学校』は、日本ではまだあまり知られていません。ポーランドポスター学校は、学校ではなく、ワルシャワのデザイナーたちが仕事帰りにレストランやバーに集まって議論したり、作品を見せ合ったりして、切磋琢磨していた集団のことです。世界のポスターの中でも非常に優れた一連のポスターを生み出した、”ポーランドポスター”の中核を担うのが、ポーランドポスター学校のメンバーです。中でもヘンリク・トマシェフスキやヤン・レニツァは日本でもよく知られています。

現在、世界の20数都市で、国際的なポスターコンクール、展覧会が開催されています。

『ポーランドポスター学校』の時代と現代のポスターを比較すると、現代ポスターの表現力が弱まっているのでは、と指摘されています。当時のポーランドポスターは検閲下におかれ、周辺国から見ると表現の自由が制限されているように見えました。しかし、当時のポーランドのデザイナーは、社会主義リアリズムの教義から脱し、各自の造形思考確立の過程で切磋琢磨し、その時代に相応しいポスターの様々な新しいスタイルを確立しました。ポーランドポスターは宣伝の必要性がほとんどなくなり、政治と文化のテーマにおいて、創造力が発揮されました。新しい時代が必要としたテーマに従って、デザイナーの創造的実験に対して出版機関は寛容になり、世界でも類をみない、異例のポスター環境が生まれました。その中心的役割を果たしたのが『ポーランドポスター学校』のメンバーだったのです。

今こそ「デザインの力」を再認識するために、ポスターの原点に戻ります。

1枚のポスターの持つ力は、言葉をこえ、さまざまなメッセージを伝えてくれます。コンピュータ技術が進んだ今だからこそ、1枚の世界に込められた手の力、デザインの力を、見て感じてもらうために、ポスターの原点、『ポーランドポスター学校』を中心とした展覧会を、私たちは提案いたします。この展覧会は、デザイナーだけでなく、広く一般の方々にもメッセージの強さ、印刷物の強さ、そして「伝えること」の強さを、伝えてくれるに違いありません。

横浜創造都市センター「ポーランドポスター展」のオープニングレセプションは、武蔵野美術大学教授勝井三雄氏、駐日ポーランド共和国大使ツィリル・コザチェフスキ氏、ヴィラヌフポーランド美術館館長マリア・クルピク氏のご臨席の下、盛大に催された。

 

http://www.polandposter.jp/pdf/polandposter2012.pdf

ニュースレター

ポーランド広報文化センターからのお知らせや、各種イベントの情報を電子メールにて配信いたします。
おおよそ1ヶ月に1回の発行を予定しております。ご登録はこちらから(無料)。