過去のイベント / 映画 / 演劇・ダンス / 音楽 / ビジュアルアート / 文学 / その他

3.11企画 演劇と詩とピアノによる時間の創造 『終わりと始まり』

過去のイベント, その他, 文学, 音楽, 演劇・ダンス


kk1390368241-1

 

始まりは終わりへと至り 終わりは次へのステップとなる

「終わりと始まり」

日本の現代演劇に強い影響を与えた太田省吾の戯曲「更地」と、

ポーランドのノーベル賞作家ヴィスワヴァ・シンボルスカの詩、

そして、同じくポーランドのショパンのピアノ曲を交えての、

演劇と朗読とピアノによるコラボレーション

新たな時間の創造です

 

ピアノ演奏 小早川朗子(桜美林大学専任講師)

出演 南一恵 今村俊一 千田美智子 梅村綾子 伊藤安那 

         福田絵里 後田真欧 内藤裕志(文学座)

演出・構成 高瀬久男(桜美林大学准教授、文学座)

原作 太田省吾「更地」

ヴィスワヴァ・シンボルスカ「終わりと始まり」 訳詩:沼野充義 出展:未知谷

使用曲 フリデリック・ショパンのピアノ曲より

 

桜美林大学プルヌスホール

2014年3月11日(火)  19:00 

受付開始 18:00 開場 18:30

チケット料金  一般3,000円 学生1,500円

企画・制作:桜美林大学パフォーミングアーツ・インスティテュート

(平成25年度 文化庁 大学を活用した文化芸術推進事業「桜美林アートマネージメント人材養成推進事業」)

 

問い合わせ・チケット取扱い

桜美林大学プルヌスホール

〒252-0206神奈川県相模原市中央区淵野辺4-16-1 PFC内1階

TEL 042-704-7133(平日10-18時) FAX042-704-7033(24時間)

MAIL 3.11.prunus@gmail.com

WEB http://www8.obirin.ac.jp/opai/

 

 

ニュースレター

ポーランド広報文化センターからのお知らせや、各種イベントの情報を電子メールにて配信いたします。
おおよそ1ヶ月に1回の発行を予定しております。ご登録はこちらから(無料)。