イベント / 映画 / 演劇・ダンス / 音楽 / ビジュアルアート / 文学 / その他

【ポーランド広報文化センター・ニュースレター】2019年1月号

未分類, その他


https://esencjablog.pl/

※毎月配信予定のニュースレターのサンプルです。配信ご希望の方は、ページ下部のフォームにメールアドレスをご記入の上、「登録」ボタンを押して下さい。
いつもポーランドの文化事業にご関心をお寄せ下さり、またご協力下さり、誠にありがとうございます。

LUNCH TRIP ポーランド便

1月13日(日)11:45~14:30
ソウ・エクスペリエンス株式会社(渋谷区千駄ヶ谷3丁目60-5 ORD原宿ビルB1)

ポーランド映画祭の主催を第1回目から担っていらっしゃる小倉聖子さんのお話を伺いながら、ポーランド料理も楽しむことのできるイベントです。
事前予約必須、参加費(旅費)は4,000円です。

イベント詳細

http://lunch-trip.com/2018/12/13/lunchtrippoland/

お申込み
https://www.kokuchpro.com/event/lunchtrippoland

東京ヴィヴァルディ合奏団 2019年ニューイヤーコンサート

1月13日(日)
14:00開演(13:30開場)
紀尾井ホール(東京都千代田区紀尾井町6-5)

ゲスト:二村英仁(独奏ヴァイオリン)

プログラム

:: ウォーロック カプリオール組曲
:: カルウォーヴィチ 弦楽のためのセレナーデ ハ長調作品2
:: ヴィヴァルディ『四季』全曲
 独奏ヴァイオリン 二村英仁

https://instytut-polski.org/event/9491/

特別公開講座 ヤシンスキ教授の「ショパン論」

ポーランドの教授であるアンジェイ・ヤシンスキ(Andrzej Jasiński)氏をお迎えし、ショパンの楽曲の中から舞曲「ポロネーズ」「マズルカ」「ワルツ」を中心に取り上げて奏法や楽曲分析をする充実した2時間です。

1月16日 10:30開始(10:00開場)
カワイ表参道 コンサートサロン「パウゼ」
日本語通訳付(楠原祥子さん)

https://instytut-polski.org/event/9370/

14MIFA国際交流フェスティバル

1月20日(日)10:00~16:00
※ブースは10:30からです。
めぐろパーシモンホール(東京都目黒区八雲1-1-1)

目黒区内にある大使館のひとつとして、毎年出店させていただいています。

今年はポーランドのドーナツ「ポンチキ」販売、ボレスワヴィエツ陶器販売、観光資料配布の3本柱で皆様のお越しをお待ちしています!
他の大使館(アルジェリア、エジプト、ガボン、インドネシア、ラトビア、ウズベキスタン等々)のブースも個性様々。どうぞお楽しみに♪

http://mifa.jp/fes_foyer/

クシシュトフ・ヤブウォンスキ ピアノ・リサイタル

1月21日(月)19:00開演(18:30開場)
 東京オペラシティ コンサートホール(東京都新宿区西新宿3-20-2)

プログラム
:: フレデリック・ショパン
ポロネーズ 第7番「幻想」変イ長調 Op.61
ノクターン 第13番 ハ短調 Op.48-1
エチュード 第12番「革命」 ハ短調 Op.10-12
幻想曲 ヘ短調 Op.49
バラード 第4番 ヘ短調 Op.52 ほか

https://instytut-polski.org/event-anniv/9424/

Marcin Wasilewski Trio(マルチン・ヴァシレフスキ トリオ)

1月24日(木)、25日(金)
1st stage 17:00開場、18:30開演
2nd stage 20:00開場、21:00開演

会場:COTTON CLUB(東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビルTOKIA 2F)

演奏
Marcin WASILEWSKI(ピアノ)
Sławomir KURKIEWICZ(コントラバス)
Michał MIŚKIEWICZ(ドラムス)

料金
自由席(テーブル) 6,800円
BOX席もあり。詳細と予約:
http://www.cottonclubjapan.co.jp/jp/sp/artists/marcin-wasilewski/

ポーランド語スピーチコンテスト2019

1月26日(土)10:00開始(9:30開場)
駐日ポーランド共和国大使館 多目的ホール

30回以上に亘り開催されているポーランド語のスピーチコンテスト。
参加と観覧希望を募集します。

https://instytut-polski.org/event/9465/

プリマ・ヴィスタ弦楽四重奏団コンサート

1月26日(土)14:00開演(13:30開場)
スクエア荏原ひらつかホール(東京都品川区荏原4-5-28)

プログラム
:: ヴィヴァルディ 四季より「春」
:: サン=サーンス 「動物の謝肉祭」より「白鳥」
:: オギンスキ ポロネーズ「祖国への別れ」
:: モニューシュコ 弦楽四重奏曲 ニ短調第1番
:: キラール 映画「パン・タデウシュ物語」より「ポロネーズ」

チケット料金 2,800円

https://instytut-polski.org/event/9393/

仲道郁代 ショパンへの道 6 祖国の土

1月26日(土)14:00開演(13:30開場)
Hakuju Hall(東京都渋谷区富ヶ谷1-37-5)

プログラム
:: ショパン
 ポロネーズ 第7番 変イ長調 op.61「幻想ポロネーズ」
 「2つのノクターン」op.62
 「3つのワルツ」op.64より
 「4つのマズルカ」op.68より 第4番 ヘ短調“絶筆のマズルカ” 他

フレデリク・ショパンの生涯と作品を、ピアニストの仲道郁代さんの演奏とお話、貴重な資料映像で紐解いていく年2回、前6回のシリーズ公演の最終回です。

※チケット完売

https://instytut-polski.org/event/9107/

 

2019年は日本・ポーランド国交樹立100周年

今年は両国の国交樹立100周年です。昨年はポーランド独立回復100周年であったことを思えば、日本は独立回復後のポーランドをいち早く国として承認した国でした。

この記念年にちなみ、広報文化センターでは「ポーランド芸術祭2019 in Japan」と題して2020年3月までの間に行われる文化企画を積極的に広報して参ります。

広報特設ページ: https://instytut-polski.org/100th/ 

文化企画・事業をお持ちの方は、チラシに記念ロゴをつけることも可能です(申請のないロゴの使用は絶対におやめ下さい)。100周年記念ロゴを使用したい企画をお持ちの方は以下のページをご一読の上、tokio@instytutpolski.orgへご連絡ください。申請書一式をお送りいたします。 https://instytut-polski.org/event-anniv/9427/ 

 

 

シナモンいろいろ

2018年1月に配信したニュースレターでは、「冬のお茶」のレシピを紹介しました(ご参照:https://instytut-polski.org/未分類/8451/)。冬に摂りたくなるスパイスといえば、やはりシナモン(ポーランド語ではツィナモン/cynamon)。ポーランドではお茶に入れたり、牛乳で煮たオートミールにフルーツと一緒にかけて朝食にしたり、シナモンロールやピエルニキ(ジンジャーブレッド)は言わずもがな、煮たりんごと合わせてケーキにしたり、かぼちゃのポタージュに隠し味として生姜とシナモンを入れるのも人気です。

シナモンは血行を改善し、手先足先まで温めてくれる効果があるほか、口の中を殺菌し病気予防にもつながることで知られています。

豊かな香りと味だけでなく、嬉しい効果も期待できるシナモン。寒い日が続きますが、スパイスの力も借りながら元気に過ごしていきましょう。

これからもご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

ポーランド広報文化センター

 

ニュースレター

ポーランド広報文化センターからのお知らせや、各種イベントの情報を電子メールにて配信いたします。
おおよそ1ヶ月に1回の発行を予定しております。ご登録はこちらから(無料)。