パヴェウ・パヴリコフスキ

パヴェウ・パヴリコフスキ

Paweł Pawlikowski

pawlikowski

 

1957年、ワルシャワ生まれ。14歳でポーランドを離れ、ドイツ、イタリアを経て、イギリスに定住。

ロンドンとオクスフォードで文学と哲学を学んだ後、1987年から映画を作り始めた。最も有能な英国監督の一人に数えられている。

監督作品

『ヴェネディクト・エロフェーエフとともに、モスクワからペトゥシュキ行き』(90)

『マイ・サマー・オブ・ラブ』(04)

『イリュージョン』(11)

『イーダ』(13)