イベント / 映画 / 演劇・ダンス / 音楽 / ビジュアルアート / 文学 / その他

ブロトゥカ日本初公演!

イベント, 音楽

Monika Brodka HP
© pszemek dzienis

2017年 今一番「個性的」で「カワイイ」洋楽女性ソロアーティストの一人、ポーランド音楽シーンで高い評価を受けるポップ・アーティスト、ブロトゥカ(BRODKA)が初来日します!毎年恒例のポーランド祭(六本木ヒルズ)のステージに登場するほか、東京 代官山の人気ライブハウスに出演。ポーランド各地、チェコ、イギリス、アメリカなどで旋風を巻き起こしたブロトゥカの新たなステージ・パフォーマンスをお楽しみください!

ポーランド祭
2017年10月13日(金)~15日(日) 11:00~19:00
六本木ヒルズ 大屋根プラザhttp://www.roppongihills.com/access/ 
 ~ブロトゥカ出演スケジュール~
10月14日 (土) 1st Stage 17:00~、2nd Stage 19:00~
10月15日 (日) 1st Stage 14:00~、2nd Stage 18:00~

https://japan.trade.gov.pl/jp/news/253864,-2017.html 

20171014() 20:30~ (19:00開場)
ライブハウス「晴れたら空に豆まいて」
ご予約・お問い合せ先: 晴れたら空に豆まいてhttp://mameromantic.com/?p=54720

 

ブロトゥカ

ブロトゥカの始まりは、有名なタレントショーでティーンエイジャーのスターとして選ばれたことだった。その後、その名声に応えるため2010年に発表した「Grandy」を以って彼女が上りつめた位置は不動のものであることを知らしめた。上りつめたことは、山岳の民であることも関係しているのかは別として… また、2012年にはミニアルバム「LAX」をリリース、思いきり弾けた一面を見せ、衝撃的な旋風を巻き起こす。それまでのライブで彼女に注目していた人々からすれば、この歌手が秘めた無限の可能性を胸に刻むきっかけとなったであろう。魅惑的な歌唱力、クラブリズムや型にはまらない音楽の追求。続いてのアルバム「Clashes」では、コントラストを強調したもので、再びファンを震撼させる。重厚な教会のオルガンと活発なパンクロックを取り入れ、歌詞は情熱、狂おしい愛、そしてなぜか人を惹きつける死の深淵に触れたもの。この作品はノア・ジョージソンというグラミー賞受賞プロデューサー(Devendra Banhart、Joanna Newson、The Strokesとのコラボで有名)との協力のもとで生み出され、2016年にポーランド国内のみならず世界中で発表された。ブロトゥカの新たなステージパフォーマンスはカトヴィツェのOFFフェスティバルをはじめ、ポズナンのSpring Break、チェコのColours of Ostrava、アウスティンのSXSW、アメリカ合衆国、イギリスツアー10公演の中で披露された。モニカ・ブロトゥカ公式サイト: http://brodkamusic.com/