イベント / 映画 / 演劇・ダンス / 音楽 / ビジュアルアート / 文学 / その他

第15回ルービンシュタイン国際ピアノコンクール入賞者 日本ガラ・コンサート

イベント, 音楽

Szymon Nehring HP
©ルービンシュタインコンクール事務局

ポーランドが世界に誇る「 神に愛されたピアニスト」アルトゥール・ルービンシュタインを記念して、イスラエルで3年に一度開催されるルービンシュタイン国際ピアノコンクール。世界最高峰のコンクールの一つとして数えられる当コンクールの優勝者、ポーランドの新星シモン・ネーリングさんを筆頭に、2位&聴衆賞ダニエル・チョバヌさん(ルーマニア)、最優秀室内楽賞エフゲニー・ヨントフさん(イスラエル)が来日し、入賞者ガラ・ツアーを全国4ホールで行います。この機会をぜひお見逃しなく!

ファツィオリで聴くコンサート
2017年9月6日 (水)
昼の部 12:30開場、13:00開演
夜の部 18:30開場、19:00開演
豊洲シビックセンターホール(豊洲シビックセンター5階)
https://www.kcf.or.jp/toyosu/event/detail/?id=457

プログラム(出演者)
昼の部
N. メトネル: 2つのおとぎ話 作品20(ダニエル・チョバヌ)
J. ハイドン: ソナタ 変イ長調 Hob. XVI:46(エフゲニー・ヨントフ)
S.ラフマニノフ: 音の絵 作品39より 第3,5,7,9番(シモン・ネーリング)
C. ドビュッシー: 12のエチュードより 第1,2,5,6番(エフゲニー・ヨントフ)
F. ショパン: ポロネーズ 第5番 嬰ヘ短調 作品44(シモン・ネーリング)
M. ムソグルスキー: 組曲「展覧会の絵」(ダニエル・チョバヌ)

 夜の部
D. スカルラッティ: ソナタ K9,K517,K32,K141 ニ短調(エフゲニー・ヨントフ)
K. シマノフスキ: 変奏曲 変ロ短調(シモン・ネーリング)
S. プロコフィエフ: ピアノ・ソナタ 第7番 変ロ長調 作品83「戦争ソナタ」
(ダニエル・チョバヌ)
J. S. バッハ: パルティータ 第6番 ホ短調 BWV830(エフゲニー・ヨントフ)
D. ショスタコーヴィチ: 24のプレリュードとフーガ 作品87より 第24番
(ダニエル・チョバヌ)
F. ショパン: ピアノ・ソナタ 第2番 変ロ短調 作品35「葬送」(シモン・ネーリング)

ツアースケジュール
9月4日 (月)  広島県民文化センター http://www.rcchall.jp/bunkac/ 
9月6日 (水)  豊洲シビックセンター https://www.kcf.or.jp/toyosu/access/ 
9月8日 (金)  岩手県北上市さくらホール http://www.sakurahall.jp/ 
9月10日 (土) 福井県美浜町 なびあすホール  http://navi-us.jp/floor-info/hall/ 
☆最終日は、シモン・ネーリングさんがショパンのピアノ協奏曲第1番を演奏します。

お問合せ先: ファツィオリジャパン株式会社 (ファツィオリ日本総代理店)
電話: 03-6809-3534 E-mail: info@fazioli.co.jp  公式サイト: https://www.fazioli.co.jp/

シモン・ネーリング

1995年生まれ。5歳でピアノを始め、クラクフのF.ショパン中等音楽学校で11年間(2001-2013)オルガ・ラザルスカに師事。2013年よりビドゴシチェ音楽アカデミーでステファン・ヴィタスに師事。2015年の第17回F.ショパン国際ピアノコンクールではファイナリストとなり、聴衆賞、特別賞、芸術賞、ポーランド音楽への貢献賞など多くの賞を受賞。Pro Musica Bona財団(2010年以降)や文化・国家文化省(2010年)、クリスティアン・ツィメルマン財団より奨学金を受けている。ポーランドを代表する現世代のトップクラスのピアニストとして期待を集める。2017年9月より、米国イエール大学でボリス・ベルマンに師事することが予定されている。