イベント / 映画 / 演劇・ダンス / 音楽 / ビジュアルアート / 文学 / その他

グジェゴシュ・ニェムチュク 北海道公演

イベント, 音楽

For_GrezegorzNiemczuk_A4Leaflet_page1
画像提供: 日本音楽文化交流協会

「東欧音楽家支援」日本・ポーランド文化交流演奏会

今年7月に日本での初リサイタルを実現したポーランドの若手ピアニスト、グジェゴシュ・ニェムチュクさんが、8月末~9月上旬に国際親善交流特別演奏会実行委員会及び日本音楽文化交流協会の招聘で再来日し、北海道全土ツアーを行います。演奏プログラムには、ピアニストの最も得意とするショパンの作品が並びます。ぜひご来場ください。


ツアー・スケジュール 2017

8月28日 (月) 18:30開演 (18:00開場)
リンクモア平安閣市民ホール (青森市民ホール)
http://www.aobun-sogei.com/facility/shiminhall/ 
9月1日 (金) 18:30開演 (18:00開場)
函館市芸術ホール 
http://www.zaidan-hakodate.com/gjh/geijyutu/ 
9月4日 (月) 18:30開演 (18:00開場)
札幌市教育文化会館大ホール
http://www.kyobun.org/renthall/renthall_mainhall_seat.html 
9月5日 (火) 18:30開演 (18:00開場)
旭川大雪クリスタルホール
http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/kurashi/329/348/357/d054744.html 
9月7日 (木) 18:30開演 (18:00開場)
とかちプラザレインボーホール
http://www.city.obihiro.hokkaido.jp/tokachiplaza/a600110tokachiplaza.html 


 ~オール・ショパン・プログラム~
ノクターン 作品9 (変ロ短調、変ホ長調、ロ長調)
練習曲 ハ長調 作品10-1、ハ短調 〈革命〉作品10-12
華麗なる円舞曲 変イ長調 作品34-1
スケルツォ第2番 変ロ短調 作品31-10
ノクターンハ短調 作品48-1
3つのマズルカ 作品50 (ト長調、変イ長調、嬰は短調)
ピアノ・ソナタ 第3番 ロ短調 作品58

お問い合わせ・チケット申込み: 日本音楽文化交流協会
電話/Fax 03-3442-2325

後援:駐日ポーランド共和国大使館、ポーランド広報文化センター、アダム・ミツキェヴィチ・インスティトゥート

グジェゴシュ・ニェムチュック

ポーランド、ティヒ生まれ。カトヴィツェにあるK. シマノフスキィ音楽大学をユゼフ・ストムプル教授に師事し、最優秀で卒業。その後、奨学金を得てマネス大学で学ぶ。卓越した技巧と魅惑的な歌心をもつ、ポーランド期待のピアニストの一人で、若くして既に10年もの間、世界的な演奏活動を繰り広げている。これまでに6大陸、計22ヶ国で開かれた350回を超えるリサイタルやコンサートに出演し、その中には世界に名高いニューヨークのカーネギーホールやスタインウェイホール、ミラノのプッチーニ劇場なども含まれる。演奏レパートリーは幅広く、バロックから近現代に至るまでその数はソロ作品200以上、ピアノ協奏曲20作品に上る。世界中で開かれる代表的な国際音楽フェスティバルへの出演を果たす傍ら、ポーランド人初の入賞となったカーネギーホール国際コンチェルト・コンペティション(2013年、ニューヨーク) の優勝や、第40回ポーランド全国ショパン・コンクール (2010年、ワルシャワ) 優勝をはじめ、数々の国際ピアノ・コンクールに出場し、多数受賞。現在シレジア大学音楽科にて、教鞭をとる傍ら、200曲以上のソロ曲を持ち、28回にも渡るオーケストラとの20~21世紀のバロック音楽のピアノ演奏を開催するなど、レパートリーは多岐に渡る。また、彼の生徒は、国際ピアノコンクールにおいて優勝するなど成功を収めている。