イベント / 映画 / 演劇・ダンス / 音楽 / ビジュアルアート / 文学 / その他

日本パデレフスキ協会記者会見

イベント, 音楽

パデレフスキ記者会見 1
画像提供: ジャパン・アーツ


画像提供: ポーランド広報文化センター


画像提供: ジャパン・アーツ


2017年3月8日(水)、駐日ポーランド共和国大使館で、ジャパン・アーツとポーランド広報文化センターの共催により、日本パデレフスキ協会記者会見が開かれました。会見では、この度 会長に就任されたピアニストの横山幸雄氏を迎え、協会の新体制や今後の活動予定が発表されました。

ピョトル・ショスタック駐日ポーランド共和国臨時代理大使が、会見の冒頭に挨拶し、イグナツィ・ヤン・パデレフスキのポーランド独立回復における多大な貢献とポーランド第二共和国の首相・外務大臣としての功績を強調しました。日本パデレフスキ協会総裁で衆議院議員の細野博之氏は、ピアニスト・作曲家としてのみならず、政治家、そして、愛国者としてのパデレフスキについて、度々語られました。その後、第10回パデレフスキ国際ピアノ・コンクール第1位の座に輝いたイ・ヒョク氏(韓国)、第2位の座に輝いたヤクブ・クシュリク氏(ポーランド)が、パデレフスキやショパンの作品を演奏し、会見に華を添えました。また、ポーランド広報文化センターによって、昨年、株式会社ハンナより発刊された書籍「パデレフスキ自伝 <上・下>(イグナツィ・ヤン・パデレフスキ、メアリー・ロートン共著、湯浅玲子訳)」が紹介されました。

日本パデレフスキ協会記者会見には、ポーランド人作曲家・音楽家を日本の皆さまに広くご紹介くださっている各音楽事務所をはじめ、日本のメディア、ジャーナリスト、音楽家など多くの方が集まりました。