イベント / 映画 / 演劇・ダンス / 音楽 / ビジュアルアート / 文学 / その他

obraz-%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e5%ad%a4%e5%85%90%e3%82%92%e6%95%91%e3%81%a3%e3%81%9f%e6%97%a5%e6%9c%ac%e8%b5%a4%e5%8d%81%e5%ad%97%e7%a4%be

学習まんが 歴史で感動『ポーランド孤児を救った日本赤十字社』

ポプラ社より学習まんが・歴史で感動『ポーランド孤児を救った日本赤十字社』が駐日ポーランド大使館の協力で刊行されました。本書は1920年代にポーランド救済委員会と日本赤十字社がポーランドの「シベリア孤児」を救った実話を紹介しています。 ページ数:127ページ 企画・構成・監修:賀来 耕三、原作:水谷 。。。 >>

イベント, 文学, イベント, その他

Paderewski HP

闘うピアニスト「パデレフスキ自伝 <上・下>」刊行

73歳のパデレフスキが語った激動の半生 アメリカのジャーナリスト、メアリー・ロートンは、かつてポーランドを代表するピアニスト・作曲家で政治家でもあったイグナツィ・ヤン・パデレフスキにインタビューを重ね、聞き書きという形でまとめました。絶大な人気と圧倒的カリスマでポーランドを独立に導いたパデレフスキ。。。。 >>

イベント, 音楽, 文学

Dramaty Witkacego

ヴィトカツィの戯曲四篇

「日本語で読むポーランド文化叢書」企画の内「ポーランド文学古典叢書」の一冊として、関口時正教授による翻訳『ヴィトカツィの戯曲四篇』(「小さなお屋敷で」「水鶏」「狂人と尼僧」「母)」)が、未知谷(http://www.michitani.com/)出版社から刊行されました。「日本語で読むポーランド文化。。。 >>

イベント, 文学

Polska i jej Inny hp

ポーランドと他者

「ポーランドと他者」 著者: 関口 時正 1974年、ポーランドのクラクフに留学した著者がポーランド人に示していた他者性とは「西側世界から来た東方の人間」というものだった。その時代に始められた議論と対話は、その後もずっと続いている。大学でも「ポーランド人の自画像、他画像」「ポーランド防壁論」「ポーラ。。。 >>

イベント, 文学

Adam Mickiewicz

ポーランド文学古典叢書

2014年12月5日 《日本語によるポーランド文化の古典》 《ポーランド文学古典叢書》 未知谷より刊行: 第1巻ヤン・コハノフスキ『挽歌』 Treny 関口時正 訳 第2巻ミツキェーヴィチ『ソネット集』 Sonety 久山宏一 訳 http://www.michitani.com/ 

イベント, 文学