イベント / 映画 / 演劇・ダンス / 音楽 / ビジュアルアート / 文学 / その他

書籍「強制収容所のバイオリニスト」発刊

イベント, 文学, その他

プリント

強制収容所のバイオリニスト― ビルケナウ女性音楽隊員の回想

「日本について考える時、念頭に浮かぶのは、ショパンコンクールに参加する大勢の日本の若者、そして日本の受賞者です。ショパンの音楽は普遍的で、その美しさは世界中の人の心を動かします。ナチス・ドイツはショパンを禁制の曲にしましたが、有刺鉄線に囲まれたアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所でも演奏されました。わたしはその女性音楽隊の一メンバーでした。この回想記が読者のみなさんにとって興味をひく読み物になることを、わたしは願っています。」― ヘレナ・ドゥニチ-ニヴィンスカ

内容紹介
昼夜焼却炉から煙が立ち上るなか、囚われ人たちを労働に送り出すために演奏された明るいマーチ。楽器の心得がある囚人で構成された音楽隊の仕事だった。生きるには、良心の呵責に耐えて弾くほかなかった。ポーランド人のヘレナもそのひとり。戦後家族にも明かさなかった収容所での非人間的な体験や音楽隊の実態を、長い沈黙を破って克明に記した回想録。

出版年月日: 2016年12月25日
出版社: 新日本出版社
著者: ヘレナ・ドゥニチ-ニヴィンスカ
訳者: 田村和子

四六判上製、272ページ
価格:本体2300円 (税別)
書籍詳細 (新日本出版社公式サイト): https://www.shinnihon-net.co.jp/general/detail/name/強制収容所のバイオリニスト/code/978-4-406-06072-1/

お問い合わせ先: 新日本出版社営業部
電話番号 03-3423-8402 E-mail info@shinnihon-net.co.jp