イベント / 映画 / 演劇・ダンス / 音楽 / ビジュアルアート / 文学 / その他

DVD&Blu-rayでポーランド映画を観る

イベント, 映画

header

古典的傑作から最新作まで、魅力的なポーランド映画が、DVDまたはBlu-rayで続々とリリースされています。以下は、その一部です。

●マーメイドフィルム

Andrzej Munk: Człowiek na torze (1956), Eroica (1957), Zezowate szczęście (1960) / アンジェイ・ムンク監督『鉄路の男』『エロイカ』『不運』

Kazimierz Kutz: Nikt nie woła (1960), Ludzie z pociągu (1961) / カジミェシュ・クッツ監督『沈黙の声』『列車の中の人々』

Janusz Morgenstern: Do widzenia, do jutra (1960) / ヤヌシュ・モルゲンシュテルン監督『さよなら、また明日』

Wojciech Jerzy Has: Jak być kochaną (1962) , Rękopis znaleziony w Saragossie (1964) / ヴォイチェフ・イェジ・ハス監督『愛される方法』『サラゴサの写本』(近日発売予定)

http://mermaidfilms.co.jp/dvdbd/poland/

●紀伊国屋書店

Jerzy Kawalerowicz: Cień (1956), Pociąg (1959), Matka Joanna od Aniołów (1960) /  イェジ・カヴァレロヴィチ監督『影』『夜行列車』『尼僧ヨアンナ』

Andrzej Munk: Pasażerka (1963) / アンジェイ・ムンク監督『パサジェルカ』

Andrzej Wajda: Pokolenie (1954, Kanał (1956), Popiół i diament (1958), Niewinni czarodzieje (1960), Ziemia obiecana (1974), Człowiek z marmuru (1976) Człowiek z żelaza (1981), Danton (1982), Biesy (1988), Tatarak (2009) / アンジェイ・ワイダ監督『世代』『地下水道』『灰とダイヤモンド』『夜の終りに』『約束の土地』『大理石の男』『鉄の男』『ダントン』『悪霊』『菖蒲』

Jerzy Skolimowski: Rysopis (1964), Walkower (1965), Bariera (1966), Ręce do góry (1967), Cztery noce z Anną (2008), Essential Killing (2010) /  イェジ・スコリモフスキ監督『身分証明書』『不戦勝』『バリエラ』『手を挙げろ!』『アンナと過ごした4日間』『エッセンシャル・キリング』

『ロマン・ポランスキー短篇全集』

http://www.kinokuniya.co.jp/contents/pc/label/video/

●アップリンク

Krzysztof Kieślowski: Blizna (1976), Amator (1979) , Przypadek (1981), Bez końca (1984), Krótki film o zabijaniu (1987), Krótki film o miłości (1988)

キェシロフスキ初期作品集Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ(『傷跡』『アマチュア』『偶然』『終わりなし』『殺人に関する短いフィルム』『愛に関する短いフィルム』

Dorota Kędzierzawska: Jestem (2005) / ドロタ・ケンジェジャフスカ監督『僕がいない場所』

http://www.uplink.co.jp/

●松竹

Krzysztof Kieślowski: Podwójne życie Weroniki (1991) , Trzy kolory – Niebieski (1993), Biały (1993), Czerwony (1994) / クシシュトフ・キェシロフスキ監督『二人のベロニカ』『トリコロール/青の愛・白の愛・赤の愛』

Andrzej Wajda: Nastazja (1994) / アンジェイ・ワイダ監督『ナスターシャ』

Małgorzata Szumowska: Sponsoring (2011) / マウゴジャタ・シュモフスカ監督『ジュリエット・ビノシュinラヴァーズ・ダイアリー』

http://www.shochiku-home-enta.com/shop/

●ビクター・エンタテインメント

Paweł Chochlew: Tajemnica Westerplatte (21013) / ヴェウ・ホフレフ監督『バトル・オブ・ヒーロー』

http://www.jvcmusic.co.jp/

●東宝

Agnieszka Holland: W ciemności (2011) /  アグニェシュカ・ホランド監督『ソハの地下水道』

http://www.toho-a-park.com/dvd/index.html

●アミューズメントソフト エンタテインメント

Roman Polański: Pianista (2002) / ロマン・ポランスキ監督『戦場のピアニスト』

http://www.amuse-s-e.co.jp/

●ポニー キャニオン

Jerzy Antczak: Chopin. Pragnienie miłości (2002) / イェジ・アントチャク監督『ショパン 愛と哀しみの旋律』

Arek Drabińśki: Tajemnica twierdzy szyfrów (2007) / アレク・ドラビンスキ監督『シークレット・サイファー ナチス原爆計画』

Franco de Pena: Your name is Justine (2005) / フランコ・デ・ペナ監督『ケイジ』

Jan Majewski: Młyn i krzyż (2010) / ヤン・マイェフスキ監督『ブリューゲルの動く絵』

http://visual.ponycanyon.co.jp/

●オンリーハーツ

Jan Kidawa-Błoński: Różyczka (2010) / ヤン・キダヴァ=ブウォンスキ監督『国家の女 リトル・ローズ』

Jacek Borcuch: Ulotne (2012) / ヤツェク・ボルツフ監督『愛の原罪』

http://www.onlyhearts.co.jp/source/news.html

●アメイジングD.C.

Jan Hryniak: Trick (2010) / ヤン・フルィニャク監督『トリック』

http://www.amazing-dc.jp/

●トランスワールドアソシエイツ

Agnieszka Holland: Janosik. Prawdziwa historia (2009) / アグニェシュカ・ホランド監督『バンディット 前編:義賊ヤノシークの誕生 後編:英雄の最期』

http://www.twanet.jp/catalog.html

●アットエンタテインメント

Jan Jakub Kolski: Pornografia (2003) / ヤン・ヤクプ・コルスキ監督『ポルノグラフィア 本当に美しい少女』

Marek Gajczak: Pod powierzchnią (2006) / マレク・ガイチャク監督『溺れる森』

http://www.at-e.co.jp/dvd/newdvd/

●アルバトロス

Andrzej Wajda: Katyń (2007) / アンジェイ・ワイダ監督『カティンの森』

http://www.albatros-film.com/

●ジェネオン・ユニバーサル・エンタテインメント

Krzysztof Krauze: Mój Nikifor (2004) / クシシュトフ・クラウゼ監督『ニキフォル 知られざる天才画家の肖像』

Jerzy Hoffman, Stara baśń (2004) / イェジ・ホフマン監督『The Legend 伝説の勇者』

http://www.geneonuniversal.jp/

●クロックワークス

Marek Brodzki: Wiedźmin (2004) / マレク・ブロツキ監督『コンクエスタドール』

http://www.klockworx.com/dvd/index.html

●東北新社

Krzysztof Zanussi: Dotknięcie ręki (1992) / クシシュトフ・ザヌッシ監督『巨人と青年』

http://www.tfc-dvd.net/

●フォワード

Kurt Maetzig: Milcząca gwiazda (1960) / クルト・メーツィヒ監督『金星ロケット発進す』

http://www.alann.net/forward/

●エプコット

Dorota Kędzierzawska: Pora umierać (2007) / ドロタ・ケンジェジャフスカ監督『木洩れ日の家で』

http://www.epcott.co.jp/alcine