イベント / 映画 / 演劇・ダンス / 音楽 / ビジュアルアート / 文学 / その他

クシシュトフ・ヤブウォンスキ ピアノ・リサイタル

イベント, 音楽

Jablonski 21.01hp

2019年1月21日(月)19:00開演(18:30開場)
東京オペラシティ コンサートホール(東京都新宿区西新宿3-20-2)

プログラム
:: フレデリック・ショパン

ポロネーズ 第7番「幻想」変イ長調 Op.61
ノクターン 第13番 ハ短調 Op.48-1
エチュード 第12番「革命」 ハ短調 Op.10-12
幻想曲 ヘ短調 Op.49
バラード 第4番 ヘ短調 Op.52

ノクターン 第20番 嬰ハ短調 (遺作)
ワルツ 第7番 嬰ハ短調 Op.64-2
ノクターン 第17番 ロ長調 Op.62-1
ノクターン 第18番 ホ長調 Op.62-2
バラード 第3番 変イ長調 Op.47
アンダンテ・スピアナートと華麗な大ポロネーズ Op.22

チケット料金
S席 6,000円、A席 4,500円、B席 3,000円
ジャパン・アーツぴあ 03-5774-3040 http://ja.pia.jp/event.do?eventCd=1838602
東京オペラシティチケットセンター 03-5353-9999

主催:ジャパンアーツ

Jablonski 21.01hpJablonski 21.1(2)hp

クシシュトフ・ヤブウォンスキ(Krzysztof Jabłoński)

クシシュトフ・ヤブウォンスキは、1985年ワルシャワにおけるショパン国際ピアノコンクールで入賞、アルトゥール・ルービンシュタイン国際ピアノマスターコンクールでゴールド・メダルを受賞したほか、ミラノ、パーム・ビーチ、モンツァ、ダブリン、ニューヨーク、カルガリーにおける各国際ピアノコンクールで数々の賞を受賞している。
30年以上にわたってソロ、室内楽、およびオーケストラ共演など、活発に演奏活動を行い、ベルリン・フィルハーモニーの「マスター・コンサートシリーズ」を始め、世界各地の主要ホールで演奏している。
室内楽奏者としても、堤剛、アルト・ノラス、コンスタンツィ・アンジェイ・クルカ、テン・リーなどのアーティストと共演。1962年にウワディスワフ・シュピルマンによって創設された「ワルシャワ・ピアノ五重奏団」のメンバーも務めている。
2013年2月には、ゲルギエフ指揮ヘルシンキ・フィルとチャイコフスキーのピアノ協奏曲を演奏し、ライブでネット中継が行われた。
2015年にはデビュー30周年を記念し、下野竜也指揮読売日本交響楽団、ヤツェク・カスプシック指揮ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団とショパンのピアノ協奏曲第1番を演奏。

最近ではポーランド国立ショパン研究所より、現代ピアノとピリオド・ピアノ両方によるショパン作品全曲演奏の録音を委任されている。既にスタインウェイピアノ、エラールピアノでそれぞれエチュードを収録したCDがリリースされており、2020年に向けて全曲演奏の完遂を目指している。
これまで、ヤニナ・ブートルとアンジェイ・ヤシンスキ教授に師事。2004年から2017年にかけてはワルシャワのフレデリック・ショパン音楽大学の教授を務めた。

世界各地でマスタークラスやレクチャーを行い、数々の国際ピアノコンクールの審査員としても活躍。2020年ショパン国際ピアノコンクール審査員。

(Japan Arts提供)

ニュースレター

ポーランド広報文化センターからのお知らせや、各種イベントの情報を電子メールにて配信いたします。
おおよそ1ヶ月に1回の発行を予定しております。ご登録はこちらから(無料)。