イベント / 映画 / 演劇・ダンス / 音楽 / ビジュアルアート / 文学 / その他

ユダヤ人を救ったポーランド人を知る シリーズ⑤ウルマ家

イベント, その他

77cedb10986e0b68fd1a2655b8bb1f1a

ユゼフ・ウルマ(Józef Ulma)とヴィクトリア・ウルマ(Wiktoria Ulma)はマルコヴァという村(ポドカルパツキエ県)の住民だった。

1942年、ドイツの占領下で自らの命の危険も顧みずウルマ家は8名のユダヤ人に対し住処を提供した。ユゼフとかくまっていたユダヤ人のうち男性は、皮なめしの仕事をしていた。

1944年3月24日の朝、彼らはドイツ兵により殺害された。はじめにユダヤ人が、次にユゼフとヴィクトリア(当時妊娠9ヶ月であった)、そして8歳から1歳半までの6人のウルマ家の子どもたちも殺された。

1995年、彼らの死後ではあったが「諸国民の中の正義の人」として認定される。2010年には当時のポーランド共和国大統領レフ・カチンスキがポーランド復興勲章も与えた。

ドイツ占領下のポーランドにおいては、ユダヤ人を救う動きは、見つかれば死刑に処されるという大変な勇気と決意を伴うことであった。

2018年3月24日はウルマ家と彼らのもとで暮らしていたユダヤ人が殺害されてから74年が経った日であり、ポーランドでは初めて、ドイツ占領下でユダヤ人を救ったポーランド人の国家記念日として取り上げられた。


第二次世界大戦中、ユダヤ人を救ったポーランド人の博物館所蔵(ユゼフ・ウルマ撮影)

第二次世界大戦中、ユダヤ人を救ったポーランド人の博物館(ウルマ家の名を冠する)――所在地:マルコヴァ

ウェブサイト(英語):http://muzeumulmow.pl/en/

ポーランドにおけるユダヤ人の歴史博物館「Polin」――所在地:ワルシャワ

ウェブサイト(英語):http://www.polin.pl/en

 

ユダヤ人を救ったポーランド人を知る シリーズ

ヤン・カルスキhttp://instytut-polski.org/%e6%9c%aa%e5%88%86%e9%a1%9e/8640/
ヴィトルド・ピレツキ  http://instytut-polski.org/event/8670/
イレナ・センドレル http://instytut-polski.org/event/8687/
タデウシュ・ロメル http://instytut-polski.org/event/8680/

ニュースレター

ポーランド広報文化センターからのお知らせや、各種イベントの情報を電子メールにて配信いたします。
おおよそ1ヶ月に1回の発行を予定しております。ご登録はこちらから(無料)。