過去のイベント / 映画 / 演劇・ダンス / 音楽 / ビジュアルアート / 文学 / その他

大嶺未来 オール・ショパン・ピアノ・リサイタル

過去のイベント, 音楽

miku-omine-2016-ulotka-kopia

ショパンの音魂を極める
大嶺未来 オール・ショパン・ピアノ・リサイタル

2016年10月2日 (日) 13:30開場、14:00開演
あいおいニッセイ同和損保  ザ・フェニックスホール http://phoenixhall.jp/

プログラム:
4つのマズルカ 作品 68
ワルツ ヘ長調「華麗なる円舞曲」作品34-3
ポロネーズ 第1番 嬰ハ短調 作品26-1
ポロネーズ 第2番 変ホ短調 作品26-2
ポロネーズ 第5番 嬰へ短調 作品44
24の前奏曲 作品28

※曲目・曲順等が変更になる場合があります。予めご了承ください。

主催: NPO法人日ポ・サロン http://www.nipposalon.org/index.html
後援: ポーランド広報文化センター

お問い合せ:
NPO法人 日ポ・サロン事務局  電話番号: 072-954-2218 
ザ・フェニックスホール チケットセンター 電話番号: 06-6363-7999

大嶺未来

沖縄県出身。東京藝術大学付属音楽高校を経て、11年間に亘りポーランド、ドイツで研鑽を積む。2006年ワルシャワ・ショパン音楽院(ポーランド)首席卒業。2010年ベルリン芸術大学(ドイツ)のディプロマ課を最優秀の成績で卒業後、2012年ベルリン芸術大学(ドイツ)国家演奏家資格取得卒業。これまでに庭野佐知子、辛島輝治、下田幸二、ピオトル・パレチニ、エレーナラピツカヤ各氏に師事。第4回アルトゥール・ルービンシュタイン記念若いピアニストのための国際コンクール(2000年、ポーランド)、サン・セバスチャン国際コンクール(スペイン)優勝を始め、アンドラ3位、シュナーベル3位、ザイラー5位、ヴィオッティ、プラハの春等で上位入賞後、2005年ショパン国際コンクール・セミファイナリストディプロマ賞を受賞。2009年度ベルリン最優秀学生に贈られるスタインウェイ・ベルリン賞受賞。ポーランド、ドイツ、ベルギー、スペイン、クウェート、キプロス、アメリカなどでリサイタルを行い、音楽祭での招待演奏、ワルシャワ交響楽団を含む著名なオーケストラとの共演も多い。2010年帰国後は東京に拠点を移し、トークコンサート、学校クラスコンサートを全国各地で行い、オペラシティでのリサイタル(2011年)、PTNAピアノコンペティション課題曲CDの演奏収録ピアニスト(2012年)、ラフマニノフ全曲演奏シリーズ(東京にて全6回予定。2013年から現在までにvol.3まで終了)などでも好評を博す。現在、尚美学園大学非常勤講師、ピティナピアノコンぺティション審査員・ステップアドバイザーとして後進の指導にもあたっている。大嶺未来 公式サイト: http://mikuomine.web.fc2.com