過去のイベント / 映画 / 演劇・ダンス / 音楽 / ビジュアルアート / 文学 / その他

横山起朗&トマシュ・ベトゥカ ピアノ コンサート

過去のイベント, 音楽

横山起朗 Tomasz Betka

「Piano Solo Portraits」 横山起朗&トマシュ・ベトゥカ ピアノ コンサート

東京
日時: 7月29日 (金) 19:00開場、19:30開演
会場: Sonorium (ソノリウム) http://www.sonorium.jp/access/index.html

宮崎
日時: 8月6日 (土) 18:30開場、19:00開演
会場: Salle Mandjar (サル・マンジャー)

ポーランドと日本の架け橋として活動の場を広げるピアニスト横山起朗さんと、やはりポーランド国外で活躍するポーランド人ピアニスト、トマシュ・ベトゥカさんによるピアノ・コンサート。即興性溢れる奏者のオリジナル曲を集めたプログラムです。ぜひご来場ください。

チケット予約・お問合せ先:  Piano Solo Portraits代表  電話番号: 080-1753-5545 (館山)

トマシュ・ベトカ  

ポーランド出身。作曲家・ピアニスト・音楽プロデューサー。運河の街ヴィドゴシにてピアノを学ぶ。映画音楽やCM音楽の作曲、ポーランド国内外の様々なアーティストへの楽曲提供など、その活躍は大変幅広い。近年は、ピアニストとしての活動に力を入れており、2015年には自身初となる、ピアノソロ作品集『MINIATURES』をレコーディングする。そコンサートは、ポーランド国内に留まらず、ブラジルでもコンサートを催し、好評を博した。今、ポーランドで最も注目を集めてるピアニストの一人である。

横山起朗

七歳よりピアノを弾き始める。作曲はほぼ独学。武蔵野音楽大学器楽学科ピアノ専攻在学時より、即興演奏、自作曲の演奏活動を始める。同時期、伴奏ピアニストとしてレコーディングへの参加、様々なジャンルの音楽家と共演する。また演劇へ楽曲の提供も多い。2015年より、再度ピアノを学ぶ為、ポーランド国立ショパン音楽大学に入学する。ワルシャワではサロンにてコンサートの開催、レストラン等にて演奏活動を行っている。同時期、月刊ショパン、宮崎日日新聞、ウェブメディアにて随筆の寄稿を始める。