過去のイベント / 映画 / 演劇・ダンス / 音楽 / ビジュアルアート / 文学 / その他

アルトゥール・ルービンシュタインを称えて 大嶺 未来 ピアノ・リサイタル 

過去のイベント, 音楽

IMG_1740

ポーランドが生んだ偉大なピアニスト 
アルトゥール・ルービンシュタインを称えて
大嶺 未来 ピアノ・リサイタル ショパン・プログラム

2015年4月12日(日)13:30開場、14:00開演 全席自由
神戸芸術センター ショパンホール http://www.art-center.jp/kobe/access/index.html
プログラム: 
ルービンシュタインについてのお話 ポーランド文化担当  栗原 美穂
大嶺 未来 ピアノ・リサイタル  ~  ショパン・プログラム
F. ショパン/ F. リスト編曲:6つのポーランドの歌 S.480 より「春」「指環」「バッカナール(酒宴のうた)」「私のいとしい人」「乙女の願い」
F. ショパン: バラード第1番 ト短調 作品23、バラード第2番 ヘ長調 作品38、バラード第3番 変イ長調 作品47、バラード第4番 へ短調 作品52

お申し込み先: 日本ポーランド協会関西センター(音楽担当: セキタニ) までファックス、またはメールにてご予約をお願いいたします。 
FAX番号  072-297-3126 メール・アドレス salonpianino@yahoo.co.jp
お問い合わせ先: ポーランド広報文化センター 電話番号: 03-5794-7050
入場料: 2,000円 ※ お申し込みを済ませた上、当日受付にてお支払いください。
※ 残席がある場合は、当日受付も可能です。

主催: ポーランド広報文化センター日本ポーランド協会関西センター

アルトゥール・ルービンシュタイン

1887年ポーランド、ウッジのユダヤ人の家庭に生まれる。2歳の時、姉のピアノのレッスンを聴いて、即座にその演奏を魅惑的に再現してみせ、絶対音感とともにピアニストとしても並ならぬ才能の持ち主であることを証明する。1894年、若干7歳にして、モーツァルト、シューベルト、メンデルスゾーンの作品でデビューを飾る。10歳の時、音楽の勉強を続けるべくベルリンに移り住み、1900年、13歳の時に、初めてベルリン交響楽団と共演を果たす。1904年、パリに行き、フランス人作曲家のサン=サーンス、ポール・デュカス、ラヴェルらや、ヴァイオリニストのジャック・ティボーと面会。さらにユリウシュ・ヴェルトハイメル一家を通して、ヴァイオリニストのパウル・コハンスキ、作曲家のカロル・シマノフスキと親交を結ぶ。ルービンシュタインは様々な作曲家の作品の演奏で国際的な名声を博したが、そのレパートリーの中で、とりわけロマン派の作品を数多く録音。ピアニストが亡くなった時、ニューヨーク・タイムズ誌は「ショパンは彼にとって特別の存在だった。多くの人々によって、彼が比類の無い存在として考えられているのは、ショパン弾きとしてのそれである」と記した。実際に、ルービンシュタインはエチュードの一部の作品を除くショパン全作品の録音を果たし、特にショパンの演奏では同時代の最も優れたピアニストであるとみなされている。また、20世紀の代表的なピアニストの1人である。前半生はヨーロッパ、後半生はアメリカ合衆国で活躍し、ルービンシュタインの演奏家としてのキャリアは80年にも及んだ。ショパン以外では、ブラームスやスペインのピアノ音楽も得意とした。

 

大嶺未来 (おおみね・みく)

沖縄県出身。東京藝術大学付属音楽高校を経て、11年間に亘りポーランド、ドイツで研鑽を積む。2006年ワルシャワ・ショパン音楽院(ポーランド)首席卒業。2010年ベルリン芸術大学(ドイツ)のディプロマ課を最優秀の成績で卒業後、2012年ベルリン芸術大学(ドイツ)国家演奏家資格取得卒業。これまでに庭野佐知子、辛島輝治、下田幸二、ピオトル・パレチニ、エレーナ・ラピツカヤ各氏に師事。第4回アルトゥール・ルービンシュタイン記念若いピアニストのための国際コンクール(2000年、ポーランド)、サン・セバスチャン国際コンクール(スペイン)優勝を始め、アンドラ3位、シュナーベル3位、ザイラー5位、ヴィオッティ、プラハの春等で上位入賞後、2005年ショパン国際コンクール・セミファイナリストディプロマ賞を受賞。2009年度ベルリン最優秀学生に贈られるスタインウェイ・ベルリン賞受賞。ポーランド、ドイツ、ベルギー、スペイン、クウェート、キプロス、アメリカなどでリサイタルを行い、音楽祭での招待演奏、ワルシャワ交響楽団を含む著名なオーケストラとの共演も多い。2010年帰国後は東京に拠点を移し、トークコンサート、学校クラスコンサートを全国各地で行い、オペラシティでのリサイタル(2011年)、PTNAピアノコンペティション課題曲CDの演奏収録ピアニスト(2012年)、ラフマニノフ全曲演奏シリーズ(東京にて全6回予定。2013年から現在までにvol.3まで終了)などでも好評を博す。現在、尚美学園大学非常勤講師、ピティナピアノコンぺティション審査員・ステップアドバイザーとして後進の指導にもあたっている。 ★オフィシャルウェブサイト http://mikuomine.web.fc2.com
 

ニュースレター

ポーランド広報文化センターからのお知らせや、各種イベントの情報を電子メールにて配信いたします。
おおよそ1ヶ月に1回の発行を予定しております。ご登録はこちらから(無料)。