過去のイベント / 映画 / 演劇・ダンス / 音楽 / ビジュアルアート / 文学 / その他

マルチン・ヴァシレフスキ トリオ POLAND x JAZZ Vol.1

過去のイベント, 音楽

W-Trio_2
Marcin Wasilewski Trio, photo by Tomek Sikora (ECM)

旧バンド名:シンプル・アコースティック・トリオ

メンバー
マルチン・ヴァシレフスキ(ピアノ)
ミハウ・ミシキェヴィチ(ドラム)
スワヴォミル・クルキェヴィチ(ダブル・バス)

11月3日(土) Fukuoka SHIKIORI http://asiancape.net/ 

tel. 090-1163-5027(Asian Cape Connection)

11月5日(月) Nagoya Bottom Line http://www.bottomline.co.jp/

tel. 052- 741-1620 (ボトムライン)

11月6日(火) Tokyo Hakujyu Hall http://www.hakujuhall.jp/

tel. 03-6314-6829  www.songxjazz.com

 

マルチン・ヴァシレフスキ トリオ 

1975 年生まれ。ボシレフスキはポーランドのジャズ・ピアニスト、作曲家。19942009 年、ボシレフスキとそのバンドは、トマシュ・スタンコ・カルテットのリズム・セクションを担当した。若いトリオはすでに、世界中のジャズ・フェステバルやコンペで、多くの賞を受けている。

グラジナ・バツェヴィチ音楽学校(コシャリン市)で最初の音楽教育を受け、引き続き、カトヴィツェ音楽大学ジャズ・ポピュラー音楽学部を卒業したボシレフスキ。1991 年にS・クルキェヴィチとシンプル・アコースティック・トリオを結成(1993 年にミハウ・ミシキェヴィチが参加し、バンドのメンバー構成が確定)。ボシレフスキと彼のバンドは、さまざまなジャズ・フェステバルやコンペに入賞し、多くのアルバムを録音してきた。19942009 年には、トマシュ・スタンコ・カルテットのリズム・セクションを担当。カルテットともにコンサート・ツアーを行い、ECM レコードでの録音に参加した。

ボシレフスキはそのほか、マヌ・カッチとも協働した(「ネイバーフッド」2006 年、「プレイグラウンド」2007 年)。2008 年にバンド名をマルチン・ボシレフスキ・バンドに改めた、ECM レーベルからのためにアルバム「一月(ジャニュアリー)」を制作した。本アルバムにより、フリデリク・ショパン賞を最優秀ジャズ演奏、最優秀ジャズアルバム部門で受賞した。

「フェイスフル」というタイトルのトリオの最新アルバムは、2010 年にリリースされた(2011 年日本発売)。録音は、ECM レコードの伝説的な創立者兼プロデューサーのマンフレート・アイヒャーが見守る中で進行した。グループは、ポーランド・ジャズ・フォーラムの読者アンケートにおいて、最優秀アコースティック・ジャズ・グループのタイトルを獲得した。

マルチン・ボシレフスキは音楽家としてのキャリアを積む中で、ヤン・ガルバレク、ダフェル・ヨセフ、ヘンリク・ミシキェヴィチ、トマシュ・シュカルスキ、ピョトル・ヴォイタシク、ヤヌシュ・ムニャク、バツティカ・アンサンブル、アンナ・マリア・ヨペク、ドロタ・ミシキェヴィチなどの著名なアーティストとのコラボを行ってきた。

http://www.myspace.com/marcinwasilewskitrio
 

http://www.ecmrecords.com

 


FAITHFUL / MARCIN WASILEWSKI TRIO

 

http://ameblo.jp/joszynoriszyrao/entry-10838820373.html