過去のイベント / 映画 / 演劇・ダンス / 音楽 / ビジュアルアート / 文学 / その他

クリスチャン・ルパ「Woodcutters -伐採-」

過去のイベント, 演劇・ダンス

woodcutters
© Natalia Kabanow

ヨーロッパ演劇界「現代演劇界の巨匠」クリスチャン・ルパの作品が、日本最大級の国際舞台芸術祭「フェスティバル / トーキョー16」でついに日本初上陸を果たします。洗練された空間設計と深い教養に裏打ちされた鋭い批評性で知られるルパ。彼が生涯にわたって取り組み続けているオーストリアの作家トーマス・ベルンハルトの小説『木を刈る』を翻案・演出した本作は、ルパの最高傑作としても呼び名が高く、2014年にヴロツワフ・ポーランド劇場で初演した後、国内の演劇賞を総なめにしました。スペインや中国、フランスなどポーランド国外でも上演され、世界的な成功を収め続ける上演時間4時間20分の大作です。

2016年10月21日(金) ~23日(日)  計3ステージ
東京芸術劇場 プレイハウス https://www.geigeki.jp/access/index.html
作者: トーマス・ベルンハルト
翻案・美術・照明・演出: クリスチャン・ルパ
出演: ヴロツワフ市ポーランド劇場
上演時間: 4 時間40 分 (途中休憩20 分あり)
言語: ポーランド語上演・日本語字幕

上演詳細スケジュール・チケット情報 (フェスティバル/ トーキョー公式サイトより): http://www.festival-tokyo.jp/16/program/woodcutters/

お問い合せ: フェスティバル/ トーキョー実行委員会事務局    
電話番号: 03-5961-5202 E-mail: toiawase@festival-tokyo.jp (一般の方)

フェスティバル/ トーキョー公式サイト: http://www.festival-tokyo.jp/

クリスチャン・ルパ 

© Katarzyna Paletko

 

演出家、舞台美術家、作家。1943年生まれ。物理、絵画、グラフィックデザイン、舞台演出を学び、76年ムロジェック『屠殺場』で演出家でデビュー。劇作、演出のほか美術・照明デザインも手がける。80年以後は国立スタリィ劇場を拠点に創作活動を行い、主にロシア、ドイツ、オーストリアの作品の翻案・演出に取り組む。特に舞台化が難しいとされるトーマス・ベルンハルトの戯曲・小説作品の翻案・演出では『イマニュエル・カント』、『石灰工場』、『消去』、『英雄広場』などで高い評価を得ている。近年の主な作品に『Factory 2』、『Persona. Marilyn』、『Waiting Room 0』など。