過去のイベント / 映画 / 演劇・ダンス / 音楽 / ビジュアルアート / 文学 / その他

「国民の記憶の守り人」賞――応募締切り(2月25日)迫る!

過去のイベント, その他

maleKustosze Pamięci Narodowej 2014. fot. Piotr Gajewski

国民記憶院は、「国民の記憶の守り人」賞の候補者を募集中です。対象となるのは、機関、社会団体、そして個人です。

「国民の記憶の守り人」は、19391989年におけるポーランド民族史の記憶化にとりわけ積極的に関わった功績、または国民記憶院の設立約款に適合した活動に対して、個人、機関または社会団体に与えられる賞です。入賞者は、国民記憶院院長が委員長を務める賞審査委員会によって選出されます。本賞は名誉賞であり、入賞者には「国民の記憶の守り人」の称号が与えられます。

ご関心をお持ちの方は、ぜひ、本記憶院のウェブページ書式に記載のうえ、オンラインにてご提出ください。応募締切りは2018225日です。応募書類には候補者に関するデータと、その候補者に賞を授与する根拠となる功績と活動の説明が記されていなくてはなりません。

書類提出人は、候補者が応募に同意している旨、誓約文に署名します(候補者が故人の場合、応募者は、候補者の近親の同意を得ている旨、誓約文に署名します)。自薦については、機関、社会団体、または個人からの推薦状を最低1通、添付することが求められます。

ニュースレター

ポーランド広報文化センターからのお知らせや、各種イベントの情報を電子メールにて配信いたします。
おおよそ1ヶ月に1回の発行を予定しております。ご登録はこちらから(無料)。