過去のイベント / 映画 / 演劇・ダンス / 音楽 / ビジュアルアート / 文学 / その他

ジョゼフ・コンラッド生誕160周年記念特別企画

過去のイベント, 文学

Conrad

ポーランド出身の英語作家ジョゼフ・コンラッド生誕160周年記念特別企画

ジョセフ・コンラッドとポーランド
ワイダ監督映画『シャドウ・ライン』上映と講演

2017年7月14日(金) 17: 00〜20: 15(開場16: 45)
東京大学文学部法文2号館2階2番大教室(本郷キャンパス)
※入場無料

ジョセフ・コンラッド(1857-1924)といえば、海洋小説で有名なイギリス作家として一般に知られていますが、じつはポーランド出身のポーランド人でした。生誕160周年を記念して、コンラッドの小説『シャドウ・ライン』を原作とした、ポーランドの巨匠、アンジェイ・ワイダ監督による映画(本邦未公開)を上映し、あわせて、日本ではあまりよく知られていないポーランド人としてのコンラッドという側面に光を当てたレクチャーを開催します。

このイベントは、東京大学大学院人文社会系研究科・文学部の授業「映画と文学」の一環として、ポーランド文化広報センターと共催で行うものです。ポーランドに関心をお持ちの皆様のご来聴を歓迎します。

コンラッド、ワイダとポーランド文化に関するクイズに答えて、素敵なプレゼントをゲットしましょう!(☆ポーランド広報文化センター提供)


プログラム
17: 00 開会の辞 ヤツェク・イズィドルチク駐日ポーランド共和国大使 
レクチャー1 久山 宏一(ポーランド広報文化センター/ポーランド文学エキスパート)
小説『シャドウ・ライン』とワイダによる映画化について
17: 40~19: 20   映画上映 『シャドウ・ライン』(監督 アンジェイ・ワイダ)
※日本語字幕付き。100分、1976年、ポーランド・イギリス合作映画
19: 20-19: 30 休憩
19: 30-20: 00      レクチャー2 沼野 充義(東京大学/文学部)
ポーランド人としてのジョセフ・コンラッド ——その生涯と作品
20: 00-20: 15      観客の皆様との交流会

主催:東京大学文学部現代文芸論研究室、スラヴ語スラヴ文学研究室
上記研究室公式サイト: http://www.l.u-tokyo.ac.jp/genbun/20170714shadowline.html 
共催:ポーランド広報文化センターポーランド広報センター

お問合せ先: 現代文芸論研究室 電話/FAX: 03-5841-7955