過去のイベント / 映画 / 演劇・ダンス / 音楽 / ビジュアルアート / 文学 / その他

シェンキェヴィチ生誕170周年・没後100周年記念特別企画

過去のイベント, 文学

sienkiewicz

ヘンリク・シェンキェヴィチの生涯と作品
映画『火と剣によって』上映と講演

ポーランドを代表する小説家ヘンリク・シェンキェヴィチ Henryk Sienkiewicz (1846-1916)は、古代ローマを舞台に初期キリスト教徒の苦難を描いた長編『クオ・ヴァディス』(1896) で国際的な名声を高め、1905年、ポーランド人として初めてノーベル文学賞を受賞しました。その一方で、シェンキェヴィチはポーランドを舞台とした歴史小説の分野で国民作家として本領を発揮。中でも、17世紀ポーランドの戦乱の時代を描いた『火と剣によって』(1884)、『大洪水』(1886)、『パン・ヴォウォディヨフスキ』(1888) からなる三部作は特に有名です。
ポーランド共和国上院は、国民的大作家シェンキェヴィチの生誕170周年、没後100周年にあたる2016年を「ヘンリク・シェンキェヴィチ記念年」とする決議を下しました。これを機に、ポーランド広報文化センターは東京大学と共催で、彼の生涯を改めて振り返り、その作品の魅力を見直すことを通じてポーランドの歴史と文化を知って頂くために、この特別なイベントを開催します。当日はクイズで正解した方に素敵なプレゼントもご用意しています。皆様ぜひご来場ください。

2016年6月12日 (日) 13:30~17:00 (13:00開場)
東京大学文学部 法文2号館2階1番大教室 (本郷キャンパス) 
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/map01_02_j.html 

※定員220名。先着順にご入場いただきます。
※無料・入場自由。予約は不要です。

イベント詳細
東京大学現代文芸論研究室HP: http://www.l.u-tokyo.ac.jp/genbun/


当日の流れ

13:30~
開会の辞: ポーランド広報文化センター所長、ミロスワフ・ブワシチャク

小説『火と剣によって』の歴史的背景とその映画化について
解説: 久山 宏一 (ポーランド広報文化センター)

14:00~15:50
17世紀ポーランド、波瀾万丈の戦乱の時代を描いた古典的名作
『火と剣によって』映画上映 (1999年、ポーランド、106分、日本語字幕付き)
ヘンリク・シェンキェヴィチ原作、イェジイ・ホフマン監督

15:50~16:10
休憩 (コーヒーブレイク)

16:10~17:00
「ポーランドの国民作家ヘンリク・シェンキェヴィチ——その生涯と作品」
講演: 沼野充義 (東京大学教授)

お問い合わせ: 東京大学文学部現代文芸論研究室  電話番号: 03-5841-7955