過去のイベント / 映画 / 演劇・ダンス / 音楽 / ビジュアルアート / 文学 / その他

ブロニスワフ・ピウスツキの胸像除幕式

過去のイベント, その他

Pomnik B  Piłsudskiego (2)

2013年10月19日、北海道・白老アイヌ民族博物館において、ブロニスワフ・ピウスツキの胸像除幕式が催された――アイヌをはじめとする極東の諸民族を研究した偉大な民族学者、ユゼフ・ピウスツキの兄である。

式典には、ポーランド共和国文化・国家遺産省大臣ボグダン・ズドロイェフスキ氏、駐日ポーランド共和国大使ツィリル・コザチェフスキ氏、日本ポーランド友好議員連盟会長中曽根弘文氏、ポーランド広報文化センター所長ミロスワフ・ウゥチコ氏、ポーランド共和国文化・国家遺産省総合顧問(元駐日ポーランド共和国大使)ヤドヴィガ・ロドヴィチ=チェホフスカ氏、北海道副知事山谷吉宏氏、白老町町長戸田安彦氏、アイヌ民族博物館館長野本正博氏、北海道大学名誉教授井上紘一氏が、列席した。

翌2013年10月20日、北海道大学学術交流会館講堂にて、「ポーランドのアイヌ研究者 ピウスツキの仕事~白老における記念碑の序幕に寄せて~」が開かれた。駐日ポーランド共和国大使ツィリル・コザチェフスキ氏、ユゼフ・ピウスツキ博物館(スレユヴェク)館長クシシュトフ・ヤラチェフスキ氏、ワルシャワ大学教授エヴァ・パワシュ=ルトコフスカ氏、作家ヴィトルト・コヴァルスキ氏、アダム・ミツキェヴィチ大学(ポズナン)教授アルフレト・F・マイエヴィチ氏、北海道大学名誉教授井上紘一氏、北海道大学名誉教授朝倉利光氏、元北海道大学教授村崎恭子氏、元日本工業大学教授山岸喬氏、札幌大学田村将人氏が参加した。

シンポジウムは、北海道大学スラヴ研究センターと北海道ポーランド文化協会がポーランド広報文化センターと共催した。

ニュースレター

ポーランド広報文化センターからのお知らせや、各種イベントの情報を電子メールにて配信いたします。
おおよそ1ヶ月に1回の発行を予定しております。ご登録はこちらから(無料)。