ポーランドについて

ヴィタ・ジェラケヴィチュテ

Vita Żelakeviciute

1959年、カウナス(リトアニア)生まれ。モスクワ映画大学に学ぶ。1998年、ウッチ映画大学演出家卒業。

代表作に、ソ連の犯罪者矯正システムを暴いた『統合失調症』(2001)、カリーニングラード(ロシア)刑務所内にある精神療養所の実情にメスを入れた『壁の向こう』(2007)がある。

ヒューストン映画祭ゴールド・レミー賞、ウッチ映画祭「白いコブラ」賞、キェルツェ映画祭グランプリなど受賞。

アンジェイ・ワイダ映画演出マスター・スクール教員。ワークショップ『世界の夜明けから夕暮れまで』指導教員。