ポーランドについて

グラジナ・バツェヴィチ

グラジナ・バツェヴィチ

 

(1909年2月5日ウッチ– 1969年1月17日 ワルシャワ)ポーランドの女性作曲家、ヴァイオリニスト。ポーランドの内外で国際的に認知された最初のポーランド人女性作曲家である。父親はリトアニア人の音楽家で、弟ヴィータウタス・バツェヴィチュス(Vytautas Bacevičius)はリトアニアの、もう一人の弟キェイストゥット(Kiejstut Bacewicz)はポーランドの作曲家になった。

父ヴィンカス・バツェヴィチウス(Vincas Bacevičius)よりピアノとヴァイオリンの手ほどきを受ける。1928年にワルシャワ音楽院に学び、当初はヴァイオリン科とピアノ科に在籍するも、1932年に卒業するとヴァイオリニスト兼作曲家として活動を始めた。イグナツィ・ヤン・パデレフスキより奨学金を給付され、パリに留学して1932年から1933年までエコール・ノルマル音楽院に進み、ナディア・ブーランジェの薫陶を受ける。その間、アンリ・トゥレの個人指導を受けた。その後フランスを離れてカール・フレッシュの許で研鑽を積む。

研修を終えると、演奏家や作曲家、審査員としてさまざまな行事に参加。1930年を通じて、グジェゴジ・フィテルベルクの指揮するポーランド放送管弦楽団のコンサートミストレスを務める。この職務を通じて、自作を上演する機会が訪れるるようになる。

第2次世界大戦中はワルシャワに暮らし、作曲を続けながら、地下組織の秘密演奏会を行なって《2つのヴァイオリンのための組曲》などを初演。1936年に結婚。一人娘のアリーナ・ビェルナツカは著名な画家となった。戦後はウッチ国立音楽院の教授に就任。この頃から音楽活動を作曲に切り替えるようになり、多くの賞や依嘱を受け、1954年に自動車事故で重傷を負ってからは、作曲のみに専念した。

作品の大半はヴァイオリン曲である。7つのヴァイオリン協奏曲、5つのヴァイオリン・ソナタ、2つの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ、7つの弦楽四重奏曲、2つのピアノ五重奏曲、4つの交響曲がある。