イベント / 映画 / 演劇・ダンス / 音楽 / ビジュアルアート / 文学 / その他

【ポーランド広報文化センター・ニュースレター】2018年8月号

未分類, その他

cover

meteoprog

※毎月配信予定のニュースレターのサンプルです。配信ご希望の方は、ページ下部のフォームにメールアドレスをご記入の上、「登録」ボタンを押して下さい。

ポーランド広報文化センター ニュースレター 2018年8月号

いつもポーランドの文化事業にご関心をお寄せ下さり、またご協力下さり、誠にありがとうございます。

オペラ『忘れられた少年~天正遣欧少年使節』

 表面01日本・ポーランド国交樹立100周年記念 ポーランド巡演プレイベント
天正遣欧少年使節が成し遂げた日本とヨーロッパの初めての国際交流をテーマにしたオペラです。

柴田南雄:作曲、石多エドワード:台本
「忘れられた少年~天正遣欧少年使節」

2018年8月12日(日)
17:00開演(16:30開場)
会場:国立オリンピック記念 青少年総合センター
   カルチャー棟 小ホール
詳細は東京オペラ協会のホームページも併せてご覧下さい。

チケット料金 自由席:3,000円、指定席:4,000円
※当日券なし

主催:NPO法人 東京オペラ協会
お問い合わせ:同上 03-5906-5253

 

17回広島国際アニメーションフェスティバル

2018年8月23日(木)~27日(月)

JMSアステールプラザ(広島県広島市中区加古町4-17)

http://hiroanim.org/index.php 

コンペティション作品の中に、7つのポーランド出身の監督作品が選ばれました!

8月23日(木)コンペティション

『ストレンジ ケース(Strange Case)』

ズビグニェフ・チャプラ(Zbigniew Czapla)

『Traces of Ephemeral』

アグニエシュカ・ヴァシチェニュク(Agnieszka Waszczeniuk)

http://hiroanim.org/ja2018/04compe/04-5-1.php

8月25日(土)コンペティション

『モチャルスキの場合(Moczarski’s Case)』

トマシュ・シヴィンスキ(Tomasz Siwinski)

『XOXOハグアンドキス(XOXO hugs and kisses)』

ヴィオラ・ソヴァ(Wiola Sowa)

『フィッシュ ショップ(Fish Shop)』

マリア・クルパ(Maria Kulpa)

http://hiroanim.org/ja2018/04compe/04-5-3.php

8月26日(日)コンペティション

『Squaring the circle』

カロリナ・スペフト(Karolina Specht)

 

『オー!マザー!(Oh Mother!)』

パウリナ・ジュウコフスカ(Paulina Ziolkowska)

http://hiroanim.org/ja2018/04compe/04-5-4.php8月25日コンペティション

„モチャルスキの場合
Moczarski’s Case”

トマシュ・シヴィンスキ
Tomasz Siwinski
.

„XOXOハグアンドキス
XOXO hugs and kisses”

ヴィオラ・ソヴァ
Wiola Sowa
.

„フィッシュ ショップ
Fish Shop”

マリア・クルパ
Maria Kulpa

http://hiroanim.org/ja2018/04compe/04-5-3.php

8月26日コンペティション

„Squaring the circle”

カロリナ・スペフト
Karolina Specht
.

„オー!マザー!
Oh Mother!”

パウリナ・ジュウコフスカ
Paulina Ziolkowska

http://hiroanim.org/ja2018/04compe/04-5-4.php

 

クピンスキー・デュオ来日!ギター・フェスタ2018

表4校1第13回 Hakuju ギター・フェスタ2018

2018831日(金)〜92日(日)
会場:Hakujuホール(東京都渋谷区富ヶ谷1-37-5 7F

ポーランドよりクピンスキー・デュオが参加、9月1日と2日に会を盛り上げます!

クピンスキー・デュオの出演:
9月1日(土)18:30 
Part1「クピンスキー・デュオ初来日記念リサイタル」
 ・ロッシーニ(ジュリアーニ編):歌劇「どろぼうかささぎ」より序曲
 ・ガーシュウィン(クピンスキー編):ラプソディ・イン・ブルー
 ・ボグダノヴィチ:幻想ソナタ
 ・ショパン(クピンスキー編):マズルカより 他

9月2日(日)15:00 
Part2「国境を越えた競演!デュオ・トリオ・カルテットの世界」
荘村清志、福田進一、クピンスキー・デュオ
 ・アルビノーニ:アダージョ
 ・カルリ:セレナーデ第1番 op. 96
 ・カステルヌオーヴォ=テデスコ:エレジー風フーガ

 ・林そよか:組曲「夏空スケッチ」

 ・ボッケリーニ(J.スパークス編):序奏とファンタンゴ 他


入場料:各回全席指定 5,000円
お申込み:Hakuju Hallチケットセンター 03-5478-870 (火~土 10:00~18:00)
オンラインチケット予約:https://www.hakujuhall.jp/syusai/151.html
他ローソンチケット、イープラス

是非ご注目下さい!
なお、クピンスキー・デュオのYouTubeチャンネルで、これまでの演奏を聴くことができます。
https://www.youtube.com/channel/UC1LWMDkVrXv3oMHFj6iRgkA

 

EAT Poland 記念動画

6月18日から29日まで渋谷で行われていたEAT Polandのために来日したUSTAマガジンの編集部と、レストランWater&Wineチームが見た日本が素晴らしい動画になりました。

https://www.facebook.com/perlage.waterandwine/videos/2569459739746393/

EAT Poland企画の詳細:http://instytut-polski.org/event/8911/ 
Water&Wine:http://waterandwine.pl/en/ 
USTA:http://ustamagazyn.pl/en/ 
USTAの動画集:https://vimeo.com/user24103668/videos 

(こぼれ話)シェフのマレクさんとカミルさんは合羽橋で大興奮、備長炭が欲しいとつぶやいていました。日本滞在中は毎食、健康に気遣ったものかと思いきや、ラーメンの食べ歩きに情熱を傾けていたようです。カミルさんはポーランドの自宅でよくラーメンを作るとのこと。

 

ブロニスワフ・ピウスツキ 講演、映画、朗読の集い

7月29日(日)、北海道大学にてブロニスワフ・ピウスツキ をめぐるシンポジウムが行われました。講演、映画、朗読という充実したプログラムで、北海道ならではの素晴らしい方々がご登壇くださいました。ピウスツキ のお孫さんの木村さんも駆けつけて下さいました。
主催の北海道ポーランド文化協会の皆さま、登壇者の皆さま、ご来場下さった皆さまに心より御礼を申し上げます。これからもブロニスワフ・ピウスツキの姿を掘り出す作業が進められていくことを期待し、我々もその一端を担えれば幸いです。

 

9月】鶴田留美子 ピアノリサイタル ‘18

tsuruta rumiko2018年9月8日(土)
18:00開演(17:30開場)
サントリーホール ブルーローズ

プログラム
モーツァルト:
幻想曲 ニ短調 K.397
デュボールのメヌエットによる9つの変奏曲 ニ長調  K.573
ドビュッシー:
ピアノのために プレリュード

喜びの島
ショパン:
ノクターン 第7番 嬰ハ短調 作品27-1
マズルカ 第22番 嬰ト短調 作品33-1
スケルツォ 第4番 ホ長調 作品51 他

全席自由 4,000円 学生:3,000円

お問い合わせ:ムジカ・コミュニタス TEL&FAX 042-468-7578

 

これからもご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

ポーランド広報文化センター

 

ニュースレター

ポーランド広報文化センターからのお知らせや、各種イベントの情報を電子メールにて配信いたします。
おおよそ1ヶ月に1回の発行を予定しております。ご登録はこちらから(無料)。