イベント / 映画 / 演劇・ダンス / 音楽 / ビジュアルアート / 文学 / その他

【ポーランド広報文化センター・ニュースレター】2018年3月号

未分類, その他

Gazeta.pl

※毎月配信予定のニュースレターのサンプルです。配信ご希望の方は、ページ下部のフォームにメールアドレスをご記入の上、「登録」ボタンを押して下さい。

 

ポーランド広報文化センター ニュースレター 2018年3月号

いつもポーランドの文化事業にご関心をお寄せ下さり、またご協力下さり、誠にありがとうございます。

◆渋谷のプラネタリウムで、コペルニクスに会おう

「コペルニクス。ポーランドのトルンで生まれ、地球を動かし、太陽と空を止めた男」

3月9日(金)17:30~19:00

会場:コスモプラネタリウム渋谷(渋谷区桜丘町23-21 渋谷区文化総合センター大和田12階。JR渋谷駅西口から徒歩5分)

入場無料・120席

満席となった場合にはやむなく入場をお断りいたしますので、ご了承ください。)

今年はポーランドの科学イヤー、またコペルニクスの生誕545年にあたります。コペルニクスが生きたポーランドの街・トルンより、天文学者のイエジー・ラファルスキ氏をお迎えし、コスモプラネタリウム渋谷の解説員さんにもご協力いただき、コペルニクスのこと、天体のことなどお伺いいたします。

http://instytut-polski.org/event/8558/ 

 

◆[札幌]ピアノコンサート「私たちは忘れない!」

3月10日(土)14:46開演(14:00開場)

会場:光塩学園koen天秘ホール

(札幌市中央区大通西14丁目光塩学園東館1F)

プログラム:ショパン バレエ「レ・シルフィード」より 他

主催:NPO法人まずるか北海道

ピアニスト演奏:遠藤郁子さん、バレエ:郷 緑さん

このコンサートは東日本大震災の被災者支援のために行われ、今年で7回目を迎えます。収益は公益財団法人「鎮守の森プロジェクト」に寄付されます。

 

◆吉兼加奈子ピアノ・リサイタル

3月10日(土)18:30開演(18:00開場)

会場:カワイ表参道コンサートサロン「パウゼ」

プログラム:ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第6版 ヘ長調 作品10-2

 ショパン スケルツォ 第4番 ホ長調 作品54 他

主催:日本ショパン協会

◆シンポジウム「イレナ・センドレルに会いたい」

3月15日(木)18:30~21:00

会場:青山学院アスタジオ 地下1階(東京都渋谷区神宮前5丁目47-11)

入場無料・要予約

プログラム

・短編映画「イレナ・センドレローヴァ物語」上映と解説(2016年/アンジェイ・ヴォルフ監督)

・パネルディスカッション 平山美帆氏、吉岡潤氏、関口時正氏

・意見交換

イレナ・センドレル(旧姓クシジャノフスカ。またセンドレル夫人の意味で「センドレローヴァ」とも言います)は、第二次世界大戦中ナチス・ドイツ占領下(1939-1945)のワルシャワ・ゲットーから約2500人のユダヤ人の子どもを、同僚たちと力を合わせ、救済したと言われます。
「肩と肩を組み、命の危険を冒した――助けを必要としている弱者を救うために」

お申込み
お名前、所属、ご連絡先をお書き添えの上、sendler@forumpoland.org まで、メールにてお申込みください。
会場手配・資料準備の都合上、受付は3月12日(月)までとさせていただきます。

http://instytut-polski.org/event/other/8537/ 

◆コルチャック先生:講演と映画の集い

3月24日(土)13:30~16:50
札幌エルプラザ4階大研修室(入場無料、予約不要)

パネル展示
3月16日(金)~24日(土)
8:45~22:00(日・祝 20:00)
札幌エルプラザ2階 交流広場

主催:北海道ポーランド文化協会
http://hokkaido-poland.com/

◆国立音楽大学付属高等学校合唱部 第23回定期演奏会

3月17日(土)14:00開演(13:30開場)

会場:武蔵野市民文化ホール 小ホール

全席自由・入場無料

同合唱部は3月20日~30日にオーストリアとポーランドへ演奏旅行に出かけます。

◆シンフォニエッタ・クラコヴィアwithトマス・コニエチュニー(バス・バリトン)

2018年3月16日(金)19:00~ 「マーラーに捧ぐ」
 http://www.tokyo-harusai.com/program/page_4910.html
2018年3月17日(土)15:00~ 「スラヴィック・メロディ~ペンデレツキ生誕85年に寄せて」
 http://www.tokyo-harusai.com/program/page_4911.html

 

東京文化会館 小ホール

主催:東京・春・音楽祭実行委員会

音楽祭のオープニングを飾るシンフォニエッタ・クラコヴィア。どうぞご期待ください!

https://www.youtube.com/channel/UCwK5QD3nqLUfZvk5dYF_DQA

◆アンナ・マリア・ヨペック&クローケ@ブルーノート東京

2018年3月19日(月)1st 18:30, 2nd 21:00
2018年3月20日(火)1st 18:30, 2nd 21:00
※ドアオープンはいずれの回も30分前です
会場:Blue Note TOKYO(東京都港区南青山6-3-16)

アンナ・マリア・ヨペック(Anna Maria Jopek)

ワルシャワ出身の歌手。父親はマゾフシェ舞踊団の花形ソリスト、母親は同舞踊団のダンサー兼歌手という音楽一家に生まれ育つ。ショパン音楽アカデミーで17年間クラシックピアノを学び、卒業後はニューヨークにある名門マンハッタン音楽院のジャズクラスで経験を積む。

1997年、アルバム『Ale jestem』でデビュー。ポーランドではこれまでにゴールドディスク10回受賞、プラチナディスク7回受賞。日本には2005年の愛知万博で初来日、その後も幾度に亘り日本を訪れ、音楽活動にあたる親日家。

http://www.annamariajopek.pl/jp/

 

クローケ

トマシュ・ククルバ(Tomasz Kukurba/ヴィオラ)、イエジー・バヴォウ(Jerzy Bawoł/アコーディオン)、トマシュ・ラト(Tomasz Lato/コントラバス)の3人で構成されたバンド。結成当時はクレイズマー音楽を中心に演奏。国内外を問わず演奏をし、スティーブン・スピルバーグ監督に認められエルサレムへ招待された経験あり。現在ではジャンルの枠を超え、様々なアーティストと共演しながら独自の音楽を創り上げている。

http://www.kroke.com.pl/en.html(英語版)

◆楠原祥子ピアノ・リサイタル

流麗と躍動~ダンスのエレガンス~

3月20日(火)19:00開演(18:30開場)

ヤマハ銀座コンサートサロン(東京都中央区銀座7-9-14 ヤマハ銀座ビル6F)

プログラム:ショパン ワルツ 作品69-1,2(遺作)

 華麗なる円舞曲 作品34-1 他

お問い合わせ・お申込み ヤマハ銀座店5階ピアノ売り場 03-3572-3132

◆坂本すみれピアノ・リサイタル

3月23日(金)19:00開演(18:30開場)

いわき芸術文化交流館アリオス 音楽小ホール
(福島県いわき市平字三崎1-6)

プログラム:ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第26番『告別』

 ショパン バラード第1番 他

お申込み・お問い合わせ:演奏会実行委員会 sumire.smile.music@gmail.com

http://iwaki-alios.jp/cd/app/?C=event&H=default&D=02147

◆山本貴志 ショパン全曲チクルス

3月25日(日)14:30開演(14:00開場)

青山音楽記念館(京都府西京区松尾大利町9-1)

http://www.barocksaal.com/concert_schedule/concert20180325.html

山本さんは現在ワルシャワ在住で、先日市内で行われていたショパンの誕生日を記念する連続コンサートにも出演されました。

◆モーツァルト・ヴィルトゥオーゾ祝祭管弦楽団

第69回定期演奏会

3月28日(水)19:00開演(18:30開場)

紀尾井ホール

指揮:及川光悦、ピアノ:アルセニー・タラセヴィチ=ニコラエフ(ロシア出身)、クラリネット:ヤン・ミコワイ・ヴィエレミエイチュク(ポーランド出身)

プログラム:モーツァルト クラリネット協奏曲 イ長調 作品622

 ベートーヴェン ピアノ協奏曲 第3番ハ短調 作品37

 ベートーヴェン 交響曲 第1番 ハ長調 作品21

主催:国際親善交流特別演奏会実行委員会、日本音楽文化交流協会、日本・ポーランド協会

TEL&FAX:03-3442-2325

◆ラファウ・ブレハッチ ピアノ・リサイタル

3月29日(木)19:00 東京オペラシティ コンサートホール【チケット完売】

3月30日(金)19:00 ミューザ川﨑シンフォニーホール

プログラム:

主催:ジャパンアーツ

https://www.japanarts.co.jp/concert/concert_detail.php?id=638

 

◆番組情報:『題名のない音楽会』

3月31日(土)10:00~ テレビ朝日
再放送:4月1日(日)8:00~ BS朝日

http://www.tv-asahi.co.jp/daimei/
Op. 2553はワールドカップの音楽会と題し、ポーランド国歌を横浜シンフォニエッタ、東京混声合唱団(山田和樹指揮)が演奏します!

◆ポーランドのことわざ:W marcu jak w garncu

直訳すると「3月は大鍋の中のごとし」。ポーランドでも少しずつ春の足音が聞こえてくる時期ではありますが、雨が降ったり、時には雪が降ったり不安定です。気温の上下も激しく、風邪を引きやすい時期でもあることから「3月の天気は変わりやすい」という意味のことわざです。

大なべの中でスープを煮るように、大きな具材、小さな具材、いろんな味がごった返している様子を表しているのでしょう。

◆ポーランドの朝ごはん、好評です!

東京・神宮前のWORLD BREAKFAST ALLDAYでは、引き続きポーランドの朝ごはんが提供されています。
おもてなし料理ではないけれど、普段ポーランドで食べてられているメニューの数々、是非ご賞味下さい。
サイドメニューのジュレック、ピエロギ、デザートも絶品です。4月1日(日)まで。

WORLD BREAKFAST ALLDAY

150-0001 東京都渋谷区神宮前3-1-23-1F
電話:03-3401-0815
開店時間:7:30~20:00(19:30ラストオーダー)

これからもご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

ポーランド広報文化センター

ニュースレター

ポーランド広報文化センターからのお知らせや、各種イベントの情報を電子メールにて配信いたします。
おおよそ1ヶ月に1回の発行を予定しております。ご登録はこちらから(無料)。