ロベルト・クビシン Robert Kubiszyn

ロベルト・クビシン Robert Kubiszyn

ベーシスト、作曲家。1977年12月20日クラクフ生まれ。カトヴィツェ音楽アカデミー卒。

1998年にギタリストJarosław ŚmietanaとRyszard Styłaのコラボレーション・アルバム『Kind of Life』でレコーディング・デビュー。同年には、以後長くレコーディング・メンバーとして携わることになる男性シンガーソングライターGrzegorz Turnauのアルバム(『Ksiezyc w misce』)制作にもはじめて参加する。女性ヴォーカリストAnna Maria Jopekの作品には2002年の『Nienasycenie』から参加。以後ほぼ全作のレコーディングに関わっており、数度の来日にも同行している。

初リーダー・アルバムは2010年の『Before Sunrise』。同作はFryderykの4つの部門においてノミネートされ、そのうちベスト・ジャズ・デビュー部門を受賞した。音楽プロデューサーとしての才能も発揮したギタリストMarek Napiórkowskiの『NAP』『Wolno』も高く評価されており、後者はゴールド・ディスクも獲得した。

2013年にはアメリカのトランペット奏者Michael Patches Stewartのアルバム『On Fire』のレコーディングに参加。オリジナル曲「Shibuya Drive」も提供している。またスイスのジャズ・ハーモニカ奏者Grégoire Maretの欧州ツアーにも参加。リーダー作を含めた計80作品以上のレコーディングに参加しており、ポーランドを代表するベース奏者として活躍中。

http://www.robertkubiszyn.com/