アダム・ミツキェーヴィチ Adam Mickiewicz

アダム・ミツキェーヴィチ Adam Mickiewicz

ポーランドを代表するロマン派詩人、思想家、政治活動家。1798年12月24日ノヴォグルデク(現ベラルーシ共和国、元リトアニア大公国)生まれ。1855年11月26日イスタンブール没。

生涯
ミツキェーヴィチはリトアニアのノヴォグルデクで誕生し、生涯を通じて自らの祖国をリトアニアであるとしていた。しかし母語はポーランド語でありポーランド語で執筆活動を行った。ヴィルノ大学で学問を修める。ヴィルノ大学の学生らを中心にした愛国的活動団体である秘密結社フィロマト会の発起人の一人であり、熱心な活動家でもあったため、友人らとともに一時逮捕、拘留された(1823~24年)。解放後はロシア国内で過ごし、ロシア人インテリらのグループと交わった。1829年にはヨーロッパ諸国への旅に出、ドイツ、スイス、イタリアを巡り、ベルリンではヘーゲルの講義を聴いている。1830年ポーランドで発生した11月蜂起を受けて帰国を企図するも失敗に終わる。1832年よりパリに住む。うち1839年の1年間はローザンヌでラテン文学の講義を行った。

パリでは恒久的収入も無く苦しい生活が続いた。1834年ツェリーナ・シマノフスカと結婚、彼女との間に6人の子どもをもうけた。1840年からはコレージュ・ド・フランスのスラヴ文学講義を受け持った。1841年にはトヴィアンスキの神秘思想(トヴィアニズム)に傾倒し始めるが、その政治的・社会的立場なども理由の一つとなり、1844年にはコレージュ・ド・フランスを去っている。「諸国民の春」の動きを受けて、ミツキェーヴィチは1848年ローマを訪れ、ポーランド人軍団を結成した。また1855年にはイスタンブールを訪れクリミア戦争でロシアに相対するポーランド人軍団およびユダヤ人軍団の組織を試みたが、志半ばで突然の病により亡くなった。

作品
最も重要な作品には『バラードとロマンス』(1822年)、『クリミア・ソネット』(1826年)、『コンラット・ヴァレンロット』(1828年)、『父祖の祭』(1823~33年)、『パン・タデウシュ』(1834年)などがある。

ミツキェーヴィチの作品は当時から今日に至るまでポーランドの文学・文化に多大な影響を与えている。他の芸術へのインスピレーションとなったものも多く、音楽に関して言えばショパン、モニューシュコ、シマノフスキ、パデレフスキ、チャイコフスキー、リムスキー=コルサコフといった作曲家らが彼の詩をもとにした歌曲などを書いている。アンジェイ・ヴァイダ監督の『パン・タデウシュ物語』(1999年)は日本でも公開された。

邦訳作品:
・『パン・タデウシュ 上・下』(工藤幸雄訳、講談社文芸文庫、1999年)http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784061976740

≪ポーランド文学古典叢書≫より
・『ソネット集』(久山宏一訳、未知谷、2013年)
・『バラードとロマンス』(関口時正訳、未知谷、2014年)
※文学叢書はポーランド広報文化センターの助成により刊行されていますhttp://instytut-polski.org/event/literature/4666/